Microsoftは3月13日(米国時間)、「WSL2 will be generally available in Windows 10, version 2004|Windows Command Line」において、2020年第2四半期に公開を予定している次期Windows 10フィーチャーリリースにおけるWSL 2 Linuxカーネルのアップデート方法を変更すると伝えた。

現在はWindows OSイメージにLinuxカーネルを含めているが、デバイスドライバやマルウェア定義ファイルのようにWindows Update経由で個別にアップデートする方式に変更すると説明している。Microsoftは、WSL 2を使用するユーザーが意識することなく常に最新のLinuxカーネルを利用できるようにすることを目指すという。

記事で説明されている主な内容は次のとおり。

WSL 2 (Windows Subsystem for Linux version 2)は、Windows 10 version 2004においてその機能の一部として正式に利用可能になる。

WSL 2が使用するLinuxカーネルをWindows OSイメージから削除し、Windows Update経由で個別に配信およびアップデートする形式に変更する。この方式はサードパーティ製デバイスドライバのインストールおよび更新やWindows Defenderマルウェア定義ファイルの更新などで取られてる手法と同じ。Windows Update経由で常に最新のLinuxカーネルが利用されるようになる。

Windows 10 version 2004の初期リリースでは一時的に手動でLinuxカーネルをインストールする必要がある。数カ月後には自動インストールおよびサービスを追加するアップデートを配信する予定であり、このアップデートが提供されたあとは自動的にインストールとアップデートが行われる。

WSL2 will be generally available in Windows 10, version 2004|Windows Command Line

Insider PreviewやWindows 10 version 2004の初期リリースでは、一時的に手動でLinuxカーネルをインストールする必要があるとされている。WSL 2を実行しようとすると「https://aka.ms/wsl2kernel」にアクセスしてカーネルコンポーネントをアップデートするように促されるため、指示に従ってMSIパッケージをダウンロードしてインストールを実施すればよい。WSL 2 Linuxカーネルのアップデートに関しては「Updating the WSL 2 Linux kernel | Microsoft Docs」にも説明が掲載されている。

WSL 2は2020年5月または6月ごろに公開が予定されている次期Windows 10フィーチャーアップデートにおける目玉機能となる見通し。WSL 2でLinuxカーネルシステムコールの100%互換を実現したことで、WSL 1では実行できなかったソフトウェアが実行できるようになる。Microsoftはこの数年間WSLの開発に取り組んでおり、Windows 10でLinux向けソフトウェアを実行する環境の改善を続けている。