霞が関初の官僚系YouTubuという、農林水産省の「BUZZ MAFF」が人気で、きのう15日(2020年3月)までに35万回も再生されているという。山夕貴キャスターが「卒業式や送別会の中止や延期で、お花の消費が落ち込んでいるのです。そこで、花の購入を呼びかけるために制作した動画なのですが、まずはこちらをご覧ください」と取り上げた。

「農水省職員のぎこちないハジケっぷりが受けています」

背広姿の、とくにイケメンというわけでもなく、どちらかというと地味な2人の男性の「こんにちは、農林水産省九州農政局の白石です。野田です」と挨拶から始まる。ぼそぼそと花の購入を呼びかけていると、「花いっぱいプロジェクト」といった文字テロップが何度もかぶさる。

そのたびに手前のテーブルに束が増えていき、ついに2人は花に埋もれてしまう。いつの間にか、ネクタイも花柄の大きな蝶ネクタイに変わり、頭に花飾りまでついていた。

なんとも野暮ったいのだが、山は「農水省職員のぎこちないハジケっぷりが受けているんです。いかがですか、小倉さん」

司会の小倉智昭「これを見た人が、花を買うという行動に出るかどうか...」

深澤真紀(コラムニスト)「お花買いますという声も増えてきているので、いい取り組みだと思いますけどねえ」

山「ユーモアがあるので、お花を買って帰ろうかと思ってます」