相模原殺傷事件の被告「自分のやったことは死刑に値しない」

ざっくり言うと

  • 神奈川県相模原市の障害者施設で45人を殺傷した罪に問われている被告
  • 13日に接見取材に応じ、「意思疎通が取れない人」は「安楽死すべき」と主張
  • その上で、「自分のやったことは死刑に値しない」と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x