日本ディープラーニング協会は3月13日、 ディープラーニングを実装するエンジニア人材の資格試験である「E資格」の取得に受講が必要なJDLA認定プログラムの実施事業者から協力を得て、 期間限定でオンライン学習コンテンツを無料で公開すると発表した。

この取り組みは、 新型コロナウィルスの感染拡大により不要の外出を控える社会人や学生に、 人工知能(AI)の研究分野の1つであり産業活用が進むディープラーニングを学ぶきっかけを提供することを狙ったもの。

公開した学習コンテンツには、 データサイエンティスト育成コースやG検定対策に役立つ模擬試験のほか、 ディープラーニング入門講座、 Python入門講座などE資格取得に受講が必要なJDLA認定プログラムの一部も含まれている。

以下が、無料で提供される学習コンテンツ。

G検定模擬テストと公式例題解説(提供:Study-AI)

G検定対策講座(AIドルと学ぶ期間限定イベント)(提供:Study-AI)

ビジネスへのAI活用を見据えたAIビジネスコースの一部(60分無料公開)(提供:AVILEN)

実務レベルのデータサイエンティストを育成する開発コースの一部(150分無料公開) (提供:AVILEN)

機械学習のためのPython入門講座(提供:スキルアップAI)

現場で使えるディープラーニング基礎講座(提供:スキルアップAI)

G検定 試験対策 体験コース(提供:zero to one)

E資格 試験対策 体験コース(提供:zero to one)