「今できることを」とトレーニングに精を出していた小野伸二。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 FC琉球の小野伸二は現在、単身赴任中だが、新型コロナウイルスの影響で学校が休校となり、娘2人が沖縄に来たことを以前に報告していた。

 久しぶりの愛娘たちとの時間を満喫しているようで、3月15日には自身のインスタグラムに、2つの動画と1枚の写真を投稿した。

 Jリーグは中断期間だが、沖縄県総合運動公園陸上競技場でトレーニングを続けており、40歳の小野は「まだまだ〜」というコメントと、ハッシュタグには、「体幹」、「長女」、「センス」を添えてその様子を紹介した。

 この投稿には、「パパ、がんばれー」、「体幹大事ですからね」などのコメントが寄せられた。
 
 反響が大きかったのが、2つ目の動画だ。長女の夏蓮さん(中3)が巧みにボールを蹴り上げ、見事にネックキャッチ。これには、ファンから驚きの声が上がっている。

「流石伸二の娘ちゃん」
「凄すぎる!」
「半端ないっす」
「可愛い」
「娘ちゃん凄い」
「血統の良さ」
「センスの塊」
「娘さんの身体能力の高さに毎回驚いてます」
「普通出来ないです」
「娘さんもセンスある」

 インスタグラムのストーリー(24時間で消える投稿)で、小野は「教えたらなんでもやってしまう。長女」と紹介。そのテクニックを見る限り、偉大な父親の才能をしっかりと受け継いでいるようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部