画像はイメージです

写真拡大

伊藤七菜香(仮名・28歳)

 彼はミリタリー系が大好きで、サバイバルゲームや戦争もののテレビゲームばかりやっている人でした。サバイバルゲームには、ついて行ったことがないのでわかりませんが、テレビゲームをやっている時の姿は見たことがあります。彼はSっ気のある人で、そこに私も惹かれて付き合うようになったものの、戦争ゲームをやっている時は自分が負けていると、暴言を吐いたり、物に当たったりする人でした。
 
 私はインドア派で、あまり外に行かないタイプなので、彼とは部屋で遊ぶことが多かったです。でも、彼は戦争ゲームばかりしているので、銃声がいつも爆音で部屋に流れており苦痛でした。それで、たまには別のゲームをやってほしいこと、音にびっくりすることなど、不満をそれとなく伝えたところ、「ふーん、わかった」とそっけない返事が。

 そこからが恐怖でした。彼は次から、私の家にモデルガンを持ち込んで、笑いながら撃ってきたのです。「これならゲームじゃないからいいでしょ。当たっても大丈夫な弱い力のやつだから」と言ってましたが、普通に痛かったですね。私が「本当にやめて!」と怒ると、今度はぬいぐるみを何度も撃ち始めました。その後、この人を怒らせたら撃たれると思い、ビクビクして過ごすことに。でも、精神的に限界が来て、連絡を絶ちました。
写真・liftarn