中村が開設したインスタグラムに初めて登場した人物は…。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 3月13日にインスタグラムのアカウントを開設した川崎フロンターレのMF中村憲剛が、翌日にベテラン選手のレアショットを投稿し、話題を呼んでいる。
 
 中村は13日に、「このタイミングでインスタグラムをはじめることがフロンターレ広報部を自任している者としての役割かなと勝手に思いました」との言葉とともに、インスタグラムのアカウントを開設。この投稿には、「待ってました!」とファンから喜びの声が多く上がっていた。
 
 さらに翌日の14日には、アカウントで初となる人物の写真を公開。そこには、トレーニングルームに設置されている綱を、必死な顔で登るベテランMF家長昭博の姿が。「家長の綱登り」と題し、「#練習後の自主トレーニング中の#家長昭博#41#左利き#レアキャラ#良いタイミングで現れてくれた#こういう写真載せれるのが#インスタグラムの醍醐味#本人の許可はいただいてます」との複数のハッシュタグ付きで投稿された。
 
 ほとんどチームメイトのSNSには登場しない“レアキャラ”のお茶目なショットに、ファンからは絶賛のコメントが寄せられた。
 
「これ以上ない綱登り」
「さすが長老!ベテランの強み&メディア慣れしてるアングル」
「さっそくインスタ使いこなしてて流石です」
「楽しい画像ありがとうございます」
「もっと家長の写真出してー」
「さすが憲剛さん。ありがたやありがたや」
「家長選手のこういう姿を見られるの嬉しい」
 
 昨日には自身のツイッターで、インスタグラム開設について「慣れるまでしばしお待ちを」と投稿していただけに、すでにハッシュタグを用いるなど使いこなしている様子の中村に対し、称賛の声も多数上がった。
 
 ツイッターでは、普段見ることのできない貴重なチームメイトの裏の顔を公開した川崎のバンディエラ。Jリーグが長期の中断期間に入っている今だからこそ、ファンにとっては喜ばしいことだろう。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部