ロナウジーニョ、刑務所内フットサルで無双。11-2で勝利に導く…5ゴール6アシストとも

写真拡大

拘束中の元ブラジル代表MFロナウジーニョ氏が、刑務所内のフットサルの試合で大活躍したようだ。『FOX SPORTS』や『ムンド・デポルティボ』など複数メディアが報じている。

先日、偽造パスポート使用により滞在先のパラグアイで兄のアシス氏と共に逮捕・勾留されたロナウジーニョ氏は現在、現地の刑務所に身を移している。

刑務所内でもタンクトップのラフな恰好で笑顔の姿が伝えられてきたロナウジーニョ氏。そんな中、12日には刑務所で開催されているフットサル大会に各チームから助っ人として参加を求められている“大人気状態”であると伝えられていた。

そして最新の報道によれば、ロナウジーニョ氏は刑務所に移送されてから初めてフットサルの試合に参加。これは報道されていたフットサル大会ではないものの、ロナウジーニョ氏がプレーしたチームは、11-2で相手チームを圧倒したという。パラグアイ『Hoy』などによれば、ロナウジーニョ氏はこの試合で5ゴール6アシストを記録。実際にゴールを挙げている姿も映像に捉えられていた。

現役時代には、誰よりもフットボールを楽しんでいる様子で、信じられないようなテクニックを披露して多くのファンを魅了してきたロナウジーニョ氏。刑務所内でプレーするその様子からも、フットボールへの愛は変わらぬままのようだ。