Microsoftは3月10日(米国時間)、「Announcing the .NET Core Uninstall Tool 1.0!|.NET Blog」において、インストールされている.NET Core SDKをアンインストールするために「.NET Core Uninstall Tool 1.0」を公開したと伝えた。次のGitHubのページから、Winodws版およびmacOS版のアンインストーラをダウンロードすることができる。

Releases · dotnet/cli-lab · GitHub

Announcing the .NET Core Uninstall Tool 1.0!|.NET Blog

「.NET Core Uninstall Tool 1.0」の使い方は次のページにまとまっている。

.NET Core アンインストール ツール

Visual Studio 2019 version 16.3から、Visual StudioはインストールされているSDKおよびランタイムのバージョンを管理するようになっている。しかし、Visual Studio 2019 version 16.3よりも前のバージョンでは、global.jsonでターゲットが指定されていたりピン留めされていた場合に削除されずにそのままインストールされた状態になっていた。つまり、すでに使われなくなった.NET Core SDKとランタイムがPCにインストールされたままになっているユーザーがいることを意味している。

今回Microsoftから公開された「.NET Core Uninstall Tool 1.0」はこの問題を解決するもの。「.NET Core Uninstall Tool 1.0」を使うことで、任意のSDKとランタイムをアンインストールすることが可能だ。不要なSDKをランタイムをアンインストールすることで、環境をより軽量でクリーンな状態にすることができる。

このツールは強力であり、必要なSDKおよびランタイムもアンインストールすることができる。Microsoftは、アンインストールしてしまったSDKやランタイムは「Download .NET Core (Linux, macOS, and Windows)」からダウンロードしてすぐにインストールすることができるとしており、操作を誤った場合はそちらからインストールを試してほしいと説明している。