3月14日、中山競馬場でG恵羯殻毒錬咫兵1800m)が行なわれる。

 このレースは牝馬限定のハンデ戦。ハンデ戦と言えば荒れるのがお決まりだが、このレースも例に漏れず波乱の傾向がある。過去10年での1番人気馬の勝利は、2014年フーラブライドのわずか1頭。1番人気馬が馬券に絡んだのも、そのレースを含めて4回という数字が残っている。

紫苑Sで2着に入ったフェアリーポルカ

 最も波乱となったのが、阪神競馬場で行なわれた2011年。10番人気だったレディアルバローザが1着、14番人気フミノイマージンが2着、13番人気コスモネモシンが3着という決着で、3連単の配当がなんと244万6260円になる大波乱だった。

 そんな波乱必至のレースで、筆者が狙いたいのはフェアリーポルカ(牝4歳/栗東・西村真幸厩舎)だ。

 同馬はこれまで重賞勝ちこそないが、昨年のG競侫蹇璽蕋咫陛豕/芝2000m)で勝ち馬から0秒1差の5着、G兄膠顳咫蔽羯魁深2000m)で勝ち馬とタイム差なしの2着、前走のG薫γ稜奸幣倉/芝2000m)で勝ち馬から0秒2差の4着と、G彊焚爾任肋錣剖郎垢旅チを続けている。

 なかでも、今回と同じ中山コースで行なわれた紫苑Sはゴール直前まで先頭に立つなど、ハナ差の大接戦で勝ちに等しい内容だった。また、フローラSは8枠18番、愛知杯は7枠14番と、ほかの2レースは外枠が災いしてロスが多い競馬になったが、枠順がもう少しよければより際どいレースになっていたはずだ。今回で1800m戦は2戦目となるが、昨年の君子蘭賞(阪神/芝1800m)を勝利しているため、距離も適性があると言える。

 血統を見てみよう。父ルーラーシップの産駒は、2018年G競▲瓮螢ジョッキーC勝ち馬のダンビュライト、2019年G競札鵐肇薀ぅ筏念勝ち馬のリオンリオン、フェアリーポルカが2着だった昨年のG兄膠顳咾鮠,辰織僖奪轡鵐哀好襦爾覆鼻中山競馬場で好成績を残している。さらに昨年の中山牝馬Sでは、ウラヌスチャームが2着に入った。

 伯母トゥザヴィクトリーはG汽┘螢競戰構王杯を勝った名牝で、その産駒の1頭、トーセンビクトリーは2017年に5番人気でこのレースを勝利している。トーセンビクトリーの父はルーラーシップの父キングカメハメハなので、フェアリーポルカとよく似た配合だ。コース適性、血統に強調材料のあるフェアリーポルカを中心に推したい。

 穴馬として推したいのがレッドアネモス(牝4歳/栗東・友道康夫厩舎)。前走のG欺華賞(京都/芝2000m)は勝ち馬から5秒2差の17着と大敗したものの、2歳時のサフラン賞(中山/芝1600m)では、のちに重賞を2勝するコントラチェックを破っている。

 さらに昨年5月に行なわれた、牡馬混合の白百合S(中京/芝1800m)でも、今年1月のG尭経新春杯を勝ったモズベッロを破っていて、中山コースと1800mの距離での実績がある。問題は状態面になるが、前走の秋華賞はプラス18kgの492kgで出走と、あまりいい状態ではなかったようだ。勝利時の馬体重は470〜474kgで、そのあとの成長分を考えても、少なくとも前走よりは絞れた状態での出走が好ましい。馬体重には注意が必要だ。 以上、今年の中山牝馬Sは、フェアリーポルカとレッドアネモスの4歳馬2頭に期待する。