ヤフーとイオン九州は3月12日、即時配達サービス「PayPayダッシュ」の実証実験を3月16日から開始すると発表した。同実証実験は福岡県天神エリア限定で、イオンショッパーズ福岡店の約150種類の商品を、注文から最短30分で自転車によって配達するもの。

同実証実験は、物流分野においてイオン九州とソフトバンクやそのグループ企業が連携する施策の第2弾として実施する。

実証実験において、ユーザーは「PayPayダッシュ」のアプリ上で配達先を指定して、お弁当やパン、飲料、お菓子などの商品を注文すると、最短30分で商品を受け取ることができる。

「PayPayダッシュ」の配達員は注文を受けた後、店舗で該当商品をピックアップし、自転車で商品を配達先に届ける。支払いは、商品受け取り時にユーザーの「PayPay」アプリ上で行う「PayPay」決済、または商品注文時に「PayPayダッシュ」のアプリ上で行うクレジットカード決済のいずれかを選択可能。

「PayPay」アプリイメージ

送料は、2020年3月16日〜3月31日の期間は無料で、4月1日以降は注文状況などによって変動する。最低注文金額は700円〜2000円で、注文状況などによって変動する。