©テレビ朝日

写真拡大 (全4枚)

3月13日(金)の『徹子の部屋』に、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』で癒し系男子を演じ大人気となった俳優・中村倫也が登場する。

©テレビ朝日

幼い頃からサッカー少年だった中村だが、高校1年生のときに大好きだったサッカーを辞めることに。

大事なものを手放したとき、新たに自分の場所を作り出してくれたのが俳優の仕事だった。

当時の後悔、そして新たな夢に突き進んでいった想いを語る。

©テレビ朝日

両親と2歳上の兄との4人家族。建築士の資格を持つ父は、自分で家をリフォームして家族を驚かせる人だった。

そんな父の影響を受けた中村は、自宅で電気ノコギリを駆使し物作りを楽しんでいると明かす。また、当時の家の様子を絵に描き、説明する場面も。

©テレビ朝日

また中村は、大の動物好き。現在、古代魚とハムスターを飼っている。なかでも小学生の頃から飼っているハムスターへの愛が止まらず…。