センバツ高校野球大会は中止となり、高野連の八田英二会長は「なんらかの形で甲子園の土を踏ませてあげたい」と救済措置を検討するというが、どんなことが考えられるのか。スポーツライターの生島淳さんは「夏の大会に特別枠を設けるのはむずかしいだろう。学校の休みと甲子園球場の空きを見て、練習したりとかではないか」と話す。対抗戦なんていうのはできないか。

救済措置に知恵絞れ

坂口孝則(経営コンサルタント)「やらない方が感染リスクが低いということで、こうせざるを得なかったのでしょう。あとはどう救うか、現場の工夫が求められます」

下川美奈(日本テレビ社会部解説委員)「新型コロナウイルスとかのわからないことに対しては、臨機応変の対応が重要で、やめた方がいいと判断したのはすばらしいですよ」