コミックマーケット

写真拡大

東京ビッグサイトで5月2日から5日まで開催予定の同人誌即売会「コミックマーケット98(C98)」の当選サークルが発表された。新型コロナウイルスの収束が見えない中で開催の方向性を示したことに、SNSではクラスター感染を危ぶむ声も寄せられている。

コミックマーケット準備会は、サークル参加者への当落発表を11日に実施。当選したサークル参加者からは、喜ぶ声が上がる一方で、新型コロナウイルスの影響で他のイベントが自粛している時期の当落発表を疑問視する声もあがっている。中には、「コロナ諸々心配なので参加は自粛させて頂きます」と、辞退を表明するサークル参加者も出ている。

さらに、翌12日には、WHOが新型コロナウイルスのパンデミックを宣言し、Twitterではクラスター感染を危惧する「オタク同士の濃厚接触」というワードがトレンド入り。前回75万人もの来場者を記録するほど多くの人が密集するコミックマーケットには、「現時点では読めきれないから開催方針は仕方ないよな」「大量感染のクラスターになるかもしれない」「コロナ感染者増加の原因にコミケ強行が加わった場合、甚大なバッシングを受けます」と様々な声が寄せられている。