3連敗で大会を終えたなでしこジャパン。主将の熊谷は手応えを掴みながらも、課題を痛感した。(C) Getty Images

写真拡大

 3戦全敗の結果に、ディフェンスラインを統率するキャプテンも危機感を口にした。

 アメリカ遠征中のなでしこジャパンは3月11日(現地時間)、シー・ビリーブス・カップの最終戦となるアメリカ戦に臨み、1-3で敗れた。五輪前最後の国際大会は3連敗に終わった。

 立ち上がりの7分に直接FKを叩き込まれ失点した日本は、27分にも自陣ゴール前で守護神の山下杏也加が痛恨のパスミス。これを拾われ、FWプレスに華麗なループショットで押し込まれた。2点差を許して以降、日本は持ち前のパスワークから反撃し、岩渕真奈のゴールで1点差に迫ったものの、78分にもCKから追加点を許し、1-3でタイムアップとなった。

 キャプテンの熊谷は「アメリカ相手に自分たちの狙いとした戦いは他の2戦に比べたらできた部分もあったかなと思うが、やはり自分たちのミスから失点した。ミスから(チャンスを)与えて、そこをしっかり仕留められて。本当にこれが世界との差だなというところもしっかり痛感しながら、反省点の残る試合になった」と、女王との一戦を振り返った。

 課題はやはり、自陣からのビルドアップでのミスが直接失点の引き金となっている点だろう。スペイン戦、イングランド戦、そしてアメリカ戦と、3試合全てで同じミスからの失点が繰り返された。これについて熊谷は「チームとしてのボールの回し方、持ち方を考えなければいけないところもあると思うし、失った後にどれだけ後ろが我慢できるかというところも課題になると思う」と語った。

 約4か月後に迫る東京五輪へ向けて、「この3戦で本当に世界との差を痛感している」と危機感を露わにした熊谷。「まだまだ自分たちに足りないなというところを身をもって感じているので、もっと一人ひとりが危機感を持って、自分のチームに帰っても世界を意識して戦っていくしかないと思う」と、個々のさらなるレベルアップが重要になるとした。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部