結婚相談所のツヴァイ(2417)、株主優待を廃止へ! IBJによるTOB(公開買い付け)で優待と配当を廃止も TOB価格が終値の1.8倍で、明日以降の株価上昇は必至

写真拡大

 株式会社ツヴァイが、株主優待を廃止し、2021年2月期の配当予想を「無配」とすることを、2020年3月11日の15時30分に発表した。

 ツヴァイの株主優待は、毎年2月末時点の株主に実施されており、内容は「100株以上を保有する株主に『活動サポート費50%割引優待券』3枚を贈呈」というものだった。

 しかし、この株主優待は2020年2月末に実施された分を最後に廃止される。なお、2020年2月期の年間配当金は「15円」だったが、2021年2月期の配当予想は「無配」に変更された。

 これは、IBJ(6071)がツヴァイにTOB(公開買い付け)を実施するため。成立すれば、ツヴァイはIBJの子会社となって、上場廃止になる見通し。

ツヴァイの廃止される株主優待制度の詳細

◆ツヴァイの廃止される株主優待制度の詳細
基準日 保有株式数 株主優待内容
2月末 100株以上 活動サポート費50%割引優待券3枚

 ツヴァイの株主優待は、婚活で利用できる割引優待券だったが、廃止が決定した。ちなみに、ツヴァイを子会社化するIBJも婚活サービスを提供する企業で、株主優待では婚活パーティーの招待券などを贈呈している。なお、TOB(公開買い付け)価格は884円で、本日の終値492円と比べると1.79倍も高く設定されており、今後は884円前後まで株価が上昇するのは必至な状況だ。

 ツヴァイは結婚相手紹介サービスを手掛けるイオングループの企業。2020年1月10日に発表した2020年2月期(通期)の業績予想は、売上高31億円(前期比12.2%減)、営業利益3億5000万円の赤字、経常利益3億2000万円の赤字、当期純利益11億7500万円の赤字。

■ツヴァイ
業種コード市場権利確定月
サービス業2417東証2部2月末
株価(終値)必要株数最低投資金額配当利回り
492円100株4万9200円
【ツヴァイの最新の株価・株主優待の詳細はこちら!】
※株価などのデータは2020年3月11日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数、「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。