「恋は続くよどこまでも」(TBS系)の佐藤健演じる"魔王"天堂先生の俺様ぶりも目が離せないが、このドラマの速水もこみち演じる"超ドM"天城社長の変態ぶりがたまらない。大きな声では言えないが、実は今期一番楽しみなドラマだったりする。

もこみちは日本テレビ系の朝の情報番組「ZIP!」の料理コーナーが終わって、めっきり見なくなったと思ったが、こんなぴったりな役があったとは。顔よし、頭脳よし、家柄よしの非の打ちどころがない若き製薬会社社長という理想的なイケメンをやれるのは、彼しかいない。コメディの心得もあり、漫画原作のラブコメには最適である。はまり役が見つかって本当に良かったと思う。

そんなドM社長から強烈な愛を注がれる派遣社員・佐藤唯を演じるのが松井愛莉。怒ると"ドS"キャラが発動する。あるとき、天城の足をひっかけて、「わざとでーす」とやったことで、逆に見込まれ、「僕を奴隷にしてください」と志願されてしまう。

「心底気持ち悪いっ!」と罵倒されても、ウザがられても一途だ。雨の中、ひと晩中、彼女のマンションの前で待つもこみち。彼女の脚にすがりつくもこみち。"罵倒"も"叱責"も"蹴り"も全部、ご褒美。蹴られて「ありがとうございます」と喜ぶもこみち。ほかの俳優がやったら微妙なシーンも、彼だと絵になるから不思議です。

で、なぜか憎めない。そんな天城社長につれなくする佐藤さん(天城社長は彼女をそう呼ぶ)に、もっと優しくしてあげてよと、見ていて思ってしまう。佐藤さんが徐々に天城社長の真実の愛に気づく、とっくの前に、視聴者は天城社長の虜に・・・。とにかく楽しいドラマだ。

お洒落でかっこいいオープニングの川口レイジ「I'm a slave for you」

特筆すべきはオープニングとエンディング。お洒落でかっこいい。オープニングは、画面を半分に分け、社長の天城と派遣の佐藤さんの目覚めてから出勤するまでを見せる。高層マンションと下町のアパート。運転手付き高級車と満員電車の通勤というように。そして、オフィスの前で2人が交差する。ここに川口レイジが歌う「I'm a slave for you」が流れ、さらに高揚感が増す。

その日の名シーンを繋いだエンディングも見もの。こういうところの手を抜かないドラマは往々にしていいドラマの確率が高い。8話で、天堂社長の闇、過去を知ってしまった佐藤さん。天城社長に猛アタックする三島冴(田中道子)、唯に好意を寄せる天才外科医・藍田(平岡祐太)との四角関係(!?)にもどう決着をつけるのか。佳境に入り、いよいよ目が離せない。残念なのは深夜2時30分という遅い時間に放送していること。「女子高生の無駄づかい」の枠(つまり金曜ナイトドラマ枠)でやればよかったのに。(毎週土曜深夜2時30分〜)