恋人との熱愛ぶりをインスタグラムで披露した名古屋のG・シャビエル。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 名古屋グランパスのFWガブリエル・シャビエルが自身のインスタグラムを更新し、日本の観光名所で撮影した恋人との2ショットを投稿した。
 
 G・シャビエルは、ブラジルの名門・サンパウロの下部組織で育った技巧派だ。2017年夏に当時J2だった名古屋に期限付きで加入すると、同年8月にいきなり月間MVPを受賞し、リーグ戦16試合・7得点を記録。昇格プレーオフにも出場して、名古屋の1年でのJ1復帰に大きく貢献した。高い技術とスピードを兼ね備え、現在では攻撃の核として、誰もが認めるチームの顔となっている。
 
 そんな、名古屋で10番を背負う技巧派が、3月10日に自身のSNSで、美しい恋人との2ショットを公開。ハートと日本国旗の絵文字とともに投稿された写真には、身を寄せ合い笑顔を見せるふたりと、背景には京都の観光名所である金閣寺が写っている。
 
 美人な恋人とのお似合い写真に国内外のファンから、「いいカップルだね!」「素晴らしいね!京都を楽しんでください」「京都は良いですね。素敵なカップルですね」など絶賛のコメントが寄せられている。さらに恋人からも「Te amo!(愛してる)」とのメッセージが贈られ、これに本人も同じ言葉で返し、ラブラブぶりをアピールした。
 
 G・シャビエルは、完全移籍に移行した昨シーズンも32試合に出場し、レギュラーとして名古屋の持ち味である縦に速い攻撃を牽引した。仙台との開幕戦は、メンバー入りしながらも出場はなかったが、26歳とまだまだ全盛期真っ只中。J再開後、クラブ屈指のテクニシャンは、果たしてどんなプレーを見せてくれるだろうか。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部