交際が発覚した2018年夏。すでに小倉も子供もA氏を「パパ」と呼んでいた

写真拡大

 タレントの小倉優子(36才)が、一昨年の12月に再婚した歯科医の夫と離婚危機にあることがわかった。

【別写真】小倉優子、長男の小学校入学式で見せた美しき姿

 昨年11月、小倉は結婚1周年を迎えようとしていた夫と、2人の息子とともに新居へと引っ越した。当時の彼女のインスタグラムには、有名洋菓子店のケーキの写真とともに《子供達が寝てからこっそり主人とケーキをいただきました笑》とアップされるなど、夫婦の仲睦まじい様子がうかがえた。

 しかし、翌月になると夫婦の生活は一転。夫は「もう無理、限界だ」とつぶやき、小倉は「理解できない」と繰り返す。次第に夫婦の会話はなくなり、夫は涙目で家を飛び出した。そのとき、小倉のお腹には、小さな命が宿っていたにもかかわらず――。

 2月27日、小倉はインスタグラムで第3子の妊娠を発表。今回はつわりがひどく、胎盤がはがれそうになるなど、不安な妊娠初期をすごしていたことにも触れ、無事に安定期を迎えた安堵の気持ちが綴られていた。

「発表を受けて、インスタには、祝福のコメントが殺到。彼女の“過去”を思い返し、今度こそ幸せを掴んでほしいと願うファンも多かったことでしょう」(芸能関係者)

 いまやオリコンの「好きなママタレント」ランキングの上位常連となった小倉。2人の男の子の母でありながら衰えない美貌、SNSで披露している手料理は多くの女性の憧れを集めている。昨年は、長男が超有名私立小学校に合格を果たすなど、まさに絵に描いたような幸せぶりだが、ここまで彼女が歩んできた道は苦難の連続だった。

 彼女の人生の第1の誤算は、2011年に結婚したカリスマ美容師の前夫が、2016年8月、グラビアアイドルと不倫疑惑が報じられたことだ。

「このとき、小倉さんは次男を妊娠中でした。その上、不倫相手は小倉さんと同じ所属事務所の後輩。夫と後輩、ダブルの裏切りに、小倉さんは激高。謝罪する夫のケータイを壁に叩きつけるなど、怒りに震えていたそうです。プライドはズタズタになり、大きなショックを受けていました」(前出・芸能関係者)

 次男を出産後、2017年3月に離婚。シングルマザーとして、仕事と子育てに奮闘していた彼女に、ようやく新たな幸せが訪れる。2018年のクリスマス、歯科医のA氏と再婚を果たしたのだ。

「Aさんとは、ママ友に誘われた食事会で知り合ったそうです。10才近く年上のAさんは、有名私大の歯学部を首席で卒業したほどのエリート。仕事に没頭するあまり、これまで独身貴族を貫いてきたのだとか。正直、面食いな小倉さんのタイプではないと思います(笑い)。でも、再婚相手に対する彼女の基準は、ときめきよりも“安心感”。前夫と真逆の性格のAさんなら“裏切られることはない”と確信したのでしょう。息子さんたちもAさんになついていたこともあり、交際わずか半年でスピード入籍したんです」(小倉の知人)

 この上ない良縁と思われた再婚から1年3か月、待望の第3子も授かり、家族に幸せが満ちていくはずのこの時期に、突然立ち込めた暗雲――。前回のような“誤算”もない“安パイ”の夫だったはずなのに、夫婦に何が起きたのだろうか。

 A氏の知人によれば、夫婦生活のほころびが見え始めたのは、昨年夏頃だったという。

「小倉さんと再婚後、Aさんは、歯科医仲間の間で“アイドルをゲットした”“うらやましい”などとチヤホヤされるようになっていました。それが、ストイックに仕事に打ち込んできた職人肌のAさんにとっては苦痛だったようです。歯科医の奥さんは、専業主婦が少なくなく、仕事をしていたとしても、夫のクリニックの手伝いといった人が多いとか。そんな中で、日々、華やかな世界で忙しくしている小倉さんは異質に映ったのでしょう。周囲の医師たちの生活を聞くにつけ、“専業主婦になって、自分を支えてほしい”という思いが小倉さんに対して芽生えていったようなんです」(A氏の知人)

 その思いを募らせたA氏は、次第に小倉の仕事に口を出すようになったという。

「小倉さんは、Aさんから芸能活動をセーブするように口出しされたことに、衝撃を受けていました。“自分のことを尊重してくれる優しい人だったはずなのに”“夫は自分の仕事を理解してくれていなかったの?”と。

 彼女にとって、ママタレであることは最大のアイデンティティー。それが奪われるなど、耐え難いことでしょう。しかも彼女は、芸能人であることを理由に家事も育児もサボっていない。最初は話せばわかってくれると思い、説明を尽くしたようですが、Aさんは理解してくれず、口論が絶えなくなったんです」(前出・小倉の知人)

 小倉の親友であるギャル曽根(34才)は、かつて小倉との待ち合わせに遅れただけで、その後、一日中無視され、「絶対に彼女を怒らせてはいけないと思った」とテレビで明かしていたことがある。愛らしいルックスや話し方とは違い、小倉が意志が強く非常に気が強いことは関係者の間では有名だった。

「小倉さんなりに、Aさんに歩み寄ろうと努力を重ねていました。でも、自分の仕事への理解が得られない苦しみは日に日に深まり、口を開けばけんか。新居のリビングは20畳と広いのですが、間取りは1LDK。互いに逃げ場がなかった。そして、ついにAさんががまんできず家を出てしまったのです」(前出・小倉の知人)

 このとき、妊娠も発覚していた。「子はかすがい」になるかと思いきや、夫婦の距離はさらに開いていった。

「Aさんが家を出てからも、話し合いは平行線でした。Aさんは周囲に“芸能人と結婚するんじゃなかった”とこぼしていたようです。一方の小倉さんは“まだやり直せる”と思っていたけれど、Aさんは弁護士を立てて離婚に向けた話し合いを進める姿勢を見せてきた。それでようやく状況を理解した小倉さんは、今年1月、Aさんがいなくなった新居から親子で引っ越しました。幸せに満ち溢れていたはずの新居は、3か月も住まず、3月上旬に解約されました」(前出・小倉の知人)

 先述のように、前夫との離婚時、小倉は2人目の子供の出産直後だった。しかし、前回は夫の不倫という明確な理由があったが、今回は状況が違う。性格の不一致によって協議離婚となった際、話し合いは難航する可能性がある。

「前回の離婚時、小倉さんはマンションの家賃を含め、月100万円の養育費を前夫に請求したという報道もありました。実際いくらもらっていたのかはわかりませんが、今後、Aさんとの離婚協議を進めるなら、親権や養育費などさまざまな争点が予想されます。もっとも、小倉さんもかなり稼いでいるので、金銭面では心配いらないかもしれませんが…」(前出・芸能関係者)

 別居生活はすでに3か月。互いの両親も心配しているだろう。

 小倉の実家を訪ね、父親に別居について聞いたが、口と目をぎゅっと閉じ無言を貫くだけ。一方、交際発覚時には小倉のことを絶賛していたA氏の母親は、「何も申し上げることはないんです。そっとしておいてください」と繰り返した。

 クリニックに出勤するA氏を直撃した。

――小倉優子さんと別居されていると聞きました。

「……」

――離婚に向けて動いているそうですね。

「私の方から何もお話しできません」

――お子さんを授かったタイミングですが…。

「…私は話せる立場にないんです。彼女の仕事もありますので…彼女本人に聞いていただいた方がいいかと」

 小倉はどう答えるのか。小倉の所属事務所に聞いた。

「A氏は、小倉の自宅近くに別宅を借りて住んでいます。いま、関係修復に向けて話し合いを進めていると聞いております」

 前回の離婚によって“健気に頑張るシングルマザー”として応援され、小倉はママタレとして不動の地位を築き上げた。まさに人生のピンチから大逆転を果たしたのだ。“再婚相手との不和”という第2の誤算も彼女ならチャンスに変えられるかもしれない。

※女性セブン2020年3月26日・4月2日号