©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

祖父から受け継いだ時計店を切り盛りする美谷時乃(浜辺美波)が一回5000円で“アリバイ崩しを承り”、那野県警捜査一課のプライド高き管理官・察時美幸(安田顕)との凸凹バディーで難事件に挑む謎解きミステリー『アリバイ崩し承ります』。

3月14日(土)放送の最終回に、徳光和夫がゲスト出演する。

©テレビ朝日

徳光が演じるのは、那野県警捜査一課でみんなにヨイショされまくっているボンボン刑事・渡海雄馬(成田凌)の父で、衆議院議員の渡海一成(とかい・いっせい)。

渡海一成は「税金の無駄遣いをなくす」を公約に掲げ、公用車ではなく路線バスで移動する“庶民派”の政治家。

劇中では、時乃役・浜辺美波や息子役・成田凌と一緒にバスに揺られる紱光の、どこかで見たことのあるシーンが登場する。お約束と言わんばかりにウトウトする徳光の姿にも期待だ。

◆ほのぼのシーンが一転…徳さんが最有力容疑者に浮上!

©テレビ朝日

そんなほのぼのした場面が展開する一方で、なんと渡海一成が殺人事件の最有力容疑者に浮上。渡海一成の秘書が焼死体で発見され、察時や雄馬ら捜査一課の面々が捜査に乗り出す。

「犯人は俺が捕まえる、父の名にかけて!」と張り切る雄馬だが、察時はその渡海一成を疑い始める。

そして察時は、もちろん今回も時乃にアリバイ崩しを依頼! しかし、渡海一成が時乃の祖父・時生(森本レオ)の囲碁仲間だったこともあり、時乃は複雑な心境。

秘書殺しの疑いをかけられた庶民派議員。時乃が事件の真相に迫るなか、渡海一成が美谷時計店に来店し、時乃に最大の危機が訪れる!