Visual Studioエンジニアリングチームは3月9日(米国時間)、「Visual Studio Code February 2020」において、2020年2月版Visual Studio Code (バージョン 1.43)の新機能を紹介した。Visual Studio Codeは人気の高い開発環境で、活発に開発が進められており、世界中に多くのユーザーが存在している。

紹介されている主な新機能は次のとおり。

グローバル検索結果をフルサイズの検索エディタで開いて保存する機能を実装(これまでに実装要望が高かった機能の1つ)。検索エディタで、ソースの場所を開いたり、Go to Definitionアクションを使用して結果に移動したりすることが可能

サッシコーナーをドラッグしてエディタのレイアウトを簡単に変更できるように改善。エディタとビューの間のエッジにおいてもドラッグ機能を実現

LinuxにおけるOrcaスクリーンリーダーのサポートを追加

ミニマップの垂直レイアウトに合わせて塗りつぶしを行う新しいオプションの追加

列モードの切り替えによるテキストブロックの選択機能を追加(矩形選択機能)

選択したテキストに空白文字をレンダリングする機能を実装

テンプレート文字列をJavaScript/TypeScriptテンプレート文字列に変換する機能を実装

JavaScript/TypeScript関数呼び出し階層ビューの追加

WindowsおよびmacOS SSHホストにおけるSSH接続共有のサポート追加

AppleによるVisual Studio Codeパッケージの認証実現

進捗通知機能の改善

プロトコルリンクを使ったワークスペースオープン機能の拡張

複数ファイルにまたがる名称変更操作のキャンセルに対応

実行ボタンを発見しやすいように変更

デバッグコンソールにおける出力のグループ化を実装

統合ターミナルにおけるUnicode 11のサポート(絵文字がワイド文字として正しくレンダリングされるようになる)

リモート開発機能の改善(アプリケーションリンクを介したリモートワークスペースオープンに対応、WindowsおよびmacOS SSHホストサポートの実現、デフォルトでSSH接続共有にチア王、WSL2サポートの向上など)

マシン間で設定とキーバインドを共有できるSetting Sync機能の導入(プレビュー)

新しいJavaScriptデバッガの導入(プレビュー)

Visual Studio Code 2020年2月 (バージョン 1.43)

Visual Studio CodeはWindowsのみならず、macOSやLinuxでも使用できるマルチプラットフォームの多機能エディタ。基本機能が多い上、拡張機能を使うことでさまざまなプログラミング言語の開発環境として使用できるという特徴がある。活発に開発が続けられており、毎月多くの新機能が導入されている。