2020年シーズン開幕で見つけた
今季要注目のJリーガー(2)
関根貴大(浦和レッズ/MF)

 ルヴァンカップのベガルタ仙台戦とJ1第1節の湘南ベルマーレ戦で浦和レッズは2連勝を飾り、幸先のいいスタートを切った。

 だが、勝利と同じくらい大きな価値があるのは、その内容だ。


開幕戦で値千金の決勝ゴールを決めた関根貴大

 いや、何も手放しで褒められるような勝利ではない。いずれも2失点を喫したし、湘南戦では相手のPK失敗に助けられてもいる。だが、それでも間違いなく浦和がはっきりと提示したものがあった。

 俺たちは変わるんだ、という強い意思である。

 4−4−2の新布陣はコンパクトに保たれ、連動しながらプレッシャーをかけていく。高い位置でボールを奪った瞬間にスイッチが入り、鋭いショートカウンターを狙う。

 ピッチから感じ取れるのは、前へ、前へ、という攻撃的なメンタリティ。そこには5バックを敷いて守り、攻撃は興梠慎三頼みだった昨季までの姿はない。

 その生まれ変わった浦和の象徴的な存在のひとりが、関根貴大だ。


 担うポジションは、昨季までのウイングバックではなく、右サイドハーフ。縦に仕掛けてクロスを供給するだけでなく、インサイドに潜り込んだり、ゴール前まで顔を出したりする。

 仙台戦では中央にポジションを移して左サイドの汰木(ゆるき)康也にスルーパスを通して決定的なチャンスを演出するなど、これまでとは異なるテクニカルなプレーでスタジアムを沸かせた。

「ああいうのもできるんだ、って思われるのも悔しいんですよね。はっきり言って、これまでだってやれたし」

 仙台戦後、関根はちょっぴり不満げにこう言った。

 これまではワイドでプレーしていたから見せられなかったけれど、インサイドでプレーすれば、これくらい昔からできるんですよ--。

 本心はこんなところだろうか。いずれにせよ、その言葉には関根のプライドがにじんでいた。

「ワイド以外もできるよっていうところを今年は見せたいですね」

 ウイングバックからの”卒業”は、関根にとって待ちわびていたものだと言っていい。


 昨夏、ヨーロッパから2年ぶりに復帰した関根は、初戦でアシストをマークすると、3試合目にはゴールを決めた。その存在感には興梠も「あいつがいると、こんなにも変わるのか」と驚嘆するほどだった。

 だが、チームの不調に比例するように、関根も守備に追われる時間が長くなり、次第に躍動感を失っていく。

 こうして迎えたアジアチャンピオンズリーグ決勝のアル・ヒラル戦で、関根はひとつの現実を突きつけられた。マッチアップしたアンドレ・カリージョに力の差をまざまざと見せつけられ、第2戦ではカリージョにふっ飛ばされて失点の要因を作った。

「ワイドでのプレーに限界を感じましたね」

 シーズン終了後、関根は清々しいくらい、あっさりと負けを認めた。

 攻守においてサイドを上下動し、自陣では最終ラインに吸収される。体力の消耗が激しいため、攻撃面でなかなか貢献できず、守備力においても難しさを感じていた。


 だが、その言葉は、ギブアップ宣言ではなかった。

 3−4−2−1のシャドー、あるいは4−4−2や4−2−3−1のサイドハーフなら、自分は間違いなくやれるという、自信の表れでもあった。

「自分がチームに貢献するなら、シャドーのほうがいいんじゃないかとか。慎三くんしか点を獲れていない状態だったから、そのポジションを僕に任せてほしかった。よりゴールに近い位置でプレーして、結果に対する責任をもっと負いたかった」

 実際にシーズン終盤、大槻毅監督とポジションについて話す機会があり、シャドーでのプレーを希望したが、シーズン中だったためか、実現しなかった。

 迎えた今季、シャドーではないが、システム変更によって、ワイドより攻撃に専念できるサイドハーフのポジションを得たのである。

「サイドハーフはワイドより攻撃の質を求められますけど、立ち位置も、パワーの使い方も全然違う。ワイドのときの10分の1くらいですよ、疲れるの。走行距離もスプリントの回数も、そこまで変わってないと思うけど、疲労度は全然違う」


 湘南との開幕戦。2−2で迎えた85分、左サイドのマルティノスから送られたクロスをトラップした関根は、カットインして強引に中央へ切れ込み、左足でシュートを放った。やや当たり損ねたが、それでも渾身と形容したくなるような思いのこもったシュートは、相手GKの伸ばした手の先を通過し、ゴールネットを揺らした。

 シュートの勢いで倒れ込んだ関根はすぐに起き上がって右の拳を二度、天に向けて突き上げ、チームメイトの祝福を受けると、ゴール裏に向かって左胸のエンブレムを何度も叩いた。

 ドリブル突破からゴールセレブレーションまでの一連のアクションに、俺がこのチームを引っ張っていく、という強烈な意思を感じずにはいられなかった。

「開幕戦で見つけた今季期待のプレーヤー」というからには、東京五輪世代やこれまで出場経験の少ない選手を挙げるべきかもしれない。浦和でいえば、東京五輪代表でもポジションを掴みつつある20歳の橋岡大樹や、浦和加入2年目で開幕スタメンを射止めた24歳の汰木康也といったあたりだろう。


 だが、それでも関根を挙げたかった。

 2年前までの末っ子気質の青年はもういない。生まれ変わりつつある浦和に誕生した新リーダー。その意味で、彼こそが開幕戦で見つけた今季期待のプレーヤーだった。