アンソニー・ジョシュア【写真:Getty Images】

写真拡大

6月の防衛戦後に4団体統一をもくろむジョシュア、陣営の青写真とは?

 ボクシングのヘビー級3団体王者アンソニー・ジョシュア(英国)。次戦にはIBF1位のクブラト・プレフ(ブルガリア)と6月に対戦することが内定しているが、その次戦としてWBC世界ヘビー級タイトルマッチで王者デオンテイ・ワイルダー(米国)を破り、王座に返り咲いたタイソン・フューリー(英国)との激突を熱望。しかしこれが実現しなかった場合には、元クルーザー級の4団体王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)が候補に挙がっているという。米メディアが、プロモーターのエディ・ハーン氏のコメントを伝えている。

 俄かに活況を呈しているヘビー級戦線。3本のベルトを持つジョシュアは6月20日にプレフとの対戦が内定しているというが、求めているのは更なるビッグマッチだ。

 ジョシュアのプロモーターを務めるマッチルーム・ボクシングのエディ・ハーン氏のコメントを伝えているのは、米専門メディア「ボクシングシーン.com」だ。

 ジョシュアはフューリーと、4本のベルトをかけた統一戦を希望しているのだが、フューリーとワイルダーには第3戦の可能性も取りざたされている。WBC王者との対戦が実現しなければ、ハーン氏はほかの選択肢を明かしている。

 記事では「WBOのタイトルを持つジョシュアに対して、オレクサンドル・ウシクは挑戦者の1人であるのだ。またウシクと試合を行う予定のデレック・チゾラとの対戦の可能性もある。もしチゾラが番狂わせを巻き起こした時には、その可能性が出てくるだろう」と伝えている。

WBC王者との対戦がダメなら、ターゲットはウシク×チゾラ戦勝者

 現在WBO1位のウシクは5月にデレック・チゾラ(英国)と対戦を予定しているが、統一戦が実現しなかった場合はこの試合の勝者がターゲットになるという。

「もしフューリーかワイルダーとの試合が実現出来なかったら、我々はウシクかチゾラと戦うだろう。それかディリアン・ホワイトだ。これは確実に起こるだろう。2021年2月のWBC統一戦をディリアンは切望している」

 WBC暫定王者のディリアン・ホワイトを含めた3選手の名前を、ハーン氏は英ボクシング専門メディア「iFL TV」のインタビューで語っていたという。

 フューリーとワイルダーの第3戦は7月開催が噂されている。ジョシュアもプレフ戦をクリアすれば、スケジュール的には年内にも対戦が可能。果たして4団体統一戦は実現するのか。それとも、ウシクらと拳を交えることになるのか。ヘビー級のスターウォーズから目が離せない。(THE ANSWER編集部)