Chromiumをベースに開発されている新たなMicrosoft Edgeは、Google Chrome向けに開発されたほとんどのエクステンションをそのまま利用できるという特徴を備えている。これはChromiumの技術をそのまま使っているためだが、Googleはこの点に関してこれまで比較的冷たい態度を取ってきた。

例えば、ChromiumベースのMicrosoft Edgeで「Chrome Web Store」にアクセスした場合、これまではMicrosoft EdgeではなくChromeを使ったほうがよいというメッセージが表示されていた。

しかし、Googleはこの方針を撤回したようだ。ChromiumベースのMicrosoft EdgeでChrome Web Storeにアクセスすると、次のようにページ上部に「Chrome ウェブストアからMicrosoft Edgeに拡張機能を追加できるようになりました。」というメッセージが表示されるようになった。メッセージの右側に表示されている「他のストアからの拡張機能を許可する」ボタンをクリックすることで利用できるようになる。

ChromiumベースのMicrosoft Edgeへの対応を始めたChrome Web Store

「他のストアからの拡張機能を許可する」ボタンを押したあとに表示されるメッセージ

なお、Chrome Web Storeで拡張機能のページを表示しても、これまでどおり「Chromeに追加」というボタンの名前はそのままになっている。操作は奇妙だが、Microsoft Edgeからインストールしたい拡張機能のページで「Chromeに追加」をクリックすることで、インストールが行える。

拡張機能をインストールするには「Chromeに追加」をクリックする必要がある

名称は変更されていないが、クリックすることでインストール可能

豊富な拡張機能はGoogle Chromeの高い人気を支える理由の1つ。Microsoft Edgeからもこうした拡張機能が利用しやすくなることで、より多くのユーザーがMicrosoft Edgeを採用しやすくなると見られる。