3月、6月開催予定のW杯アジア2次予選、延期が決定とFIFAが発表

写真拡大

 国際サッカー連盟(FIFA)は9日、3月と6月に開催が予定されていたカタールW杯アジア2次予選の延期を発表した。日本は3月26日にミャンマー(H)、31日にモンゴル(A)、6月4日にタジキスタン(H)、9日にキルギス(H)と対戦予定だった。

 なお、関係するすべての個人の安全面が確保された上に、対戦する両国のサッカー協会が合意し、アジアサッカー連盟(AFC)、FIFAから承認されれば、試合が開催される可能性があるとされている。