水戸、昨季まで北九州に在籍のGK中山を獲得「全身全霊をかけて」

写真拡大

 水戸ホーリーホックは9日、昨季限りでギラヴァンツ北九州を退団したGK中山開帆を完全移籍で獲得したと発表した。

 1993年1月生まれで27歳の中山は福岡県出身で、東福岡高から近畿大を経て2015年に北九州へ加入した。明治安田生命J2リーグでは出場はなく、J3では通算4試合の出場を記録している。

 中山は水戸の公式サイト上で以下のようにコメントを発表している。

「水戸ホーリーホックに関わる皆さま初めまして。この度加入することになりました中山開帆です。チームが決まらなかった約2ヶ月半の間沢山の学びや経験を頂きました。携わって下さった方々に心から感謝致します。そして、もう一度プロの世界でサッカーをするチャンスをくれた水戸ホーリーホックには感謝しかありません。また自分自身初めての移籍、関東での生活になります。分からないことばかりですので色々と教えて頂けるとありがたいです。このクラブの為に全身全霊をかけて頑張ります。みんなでJ1に行きましょう!!!」