パウル・クレー新収蔵作品が京橋・アーティゾン美術館で一挙公開、20世紀を代表する抽象画集結

写真拡大

「新収蔵作品特別展示:パウル・クレー」が、東京・京橋のアーティゾン美術館の4階展示室で開催される「コレクション選」特集コーナー展示に登場。2020年6月23日(火)から10月25日(日)まで展示される。

20世紀を代表する抽象画家、パウル・クレーの展覧会

パウル・クレーは、バウハウスの教授を務め造形理論の研究、講義、著述を行い20世紀に活躍した画家。1910年代に分離派展や芸術家グループ「青騎士」の活動に参加して頭角を現し、第一世界大戦後はバウハウスで教鞭を振るっていた1920年代を経て、没する1940年まで旺盛な創作を続けた。

今回開催する「新収蔵作品特別展示:パウル・クレー」では、アーティゾン美術館に2019年に新たに収蔵された作品24点と、既収蔵作品1点の合計25点のパウル・クレー作品を展示。多様な技法と素材を駆使した造形的実験の軌跡が明確に示されたパウル・クレー芸術のエッセンスと魅力を楽しむことが出来る。

パウル・クレーの生涯を横断する作品群

展示作品は、パウル・クレーが画家として活動した1910年代から1930年代までを網羅。パウル・クレーが抽象的表現へ移行した初期の作品《抽象的な建築》をはじめ、バウハウス時代の《庭の幻影》、色彩と形を自由かつ効果的に組み合わせた晩年の作品《谷間の花》など、時代の異なる彼の作品を横断的に見ることが可能だ。

展覧会概要

新収蔵作品特別展示:パウル・クレー
会期:2020年6月23日(火)〜10月25日(日)
※アーティゾン美術館は臨時休館していたが、2020年6月23日(火)から再開。
時間:10:00〜18:00(入館は閉館の30分前まで)
※当面の間、夜間開館は中止
休館日:月曜日(祝日にあたる8月10日、9月21日は開館)、8月11日、9月23日
会場:アーティゾン美術館 4階展示室 コレクション選 特集コーナー展示
住所:東京都中央区京橋1-7-2
入館料:日時指定予約制 一般ウェブ予約チケット 1,100円、当日チケット(窓口販売) 1,500円、学生無料 ※入館は日時指定予約制。
※ウェブ予約チケットは、2020年6月3日(水)〜販売開始
※ウェブ予約チケットは、公式ウェブサイトにて、各入館時間枠の終了10分前まで販売
※ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ、美術館窓口でも当日チケットを販売
※指定した時間枠内であればいつでも入館可能、また入館後は閉館まで時間制限なく鑑賞可能
※時間枠 (1)10:00〜11:30 (2)12:00〜13:30 (3)14:00〜15:30 (4)16:00〜17:30
※中学生以下はウェブ予約不要
※上記料金で同時開催の3つの展覧会(「鴻池朋子 ちゅうがえり」および「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」)すべてを観覧可

【問い合わせ先】
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
【写真付きで読む】パウル・クレー新収蔵作品が京橋・アーティゾン美術館で一挙公開、20世紀を代表する抽象画集結

外部サイト