現代美術家・鴻池朋子の展覧会が京橋・アーティゾン美術館で、“大襖絵”インスタレーション×収蔵品を展示

写真拡大

東京・京橋のアーティゾン美術館は、展覧会「ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり」を2020年6月23日(火)から10月25日(日)まで開催する。

コレクション×現代美術家の展覧会・第1弾

2020年1月に開館したアーティゾン美術館では、同館のコレクションと現代美術家のコラボレーションによる「ジャム・セッション」展を年に1回の予定で開催。特定の作品から着想を得た新作や、コレクションとアーティストの作品の共演が生み出す新たな視点により、展覧会を構成する。

その第1回で迎えるのは、鴻池朋子。鴻池は絵画や彫刻といった従来の美術手法にとどまらず、旅、歌や語り、玩具や手芸など、身近な生活の行為や手立てを表現媒体に、狩猟採集という人間の文化の“原型”を再考してきたアーティストだ。

“大襖絵”の新作インスタレーション

本展「鴻池朋子 ちゅうがえり」では、展示室全体に行きわたる、円形の大襖絵を中心とした新作インスタレーションを展開。周辺には、森羅万象を紙でかたどった影絵燈籠を展示するとともに、作家の声によるオオカミや風や雪女などの人間以外の生き物の音が響きわたる。

所蔵品と鴻池の作品が共演

また、幅12m高さ4mの作品《皮トンビ》と、アーティゾン美術館のコレクションが共演。「瀬戸内国際芸術祭2019」で発表されたのち、約1年間山に設置された《皮トンビ》の経年変化した姿と、収蔵品であるクールベ《雪の中を駆ける鹿》やシスレー《森へ行く女たち》などを、あわせて紹介する。

多彩な感覚を刺激する空間

さらに各展示室は、熊や狼の毛皮、木、ビニール、陶物、毛糸などの素材がぶら下がる“森の小径”で繋がれる。それらをくぐって移動することで、視覚のみならず触覚や嗅覚、聴覚なども刺激。五感を通じた鑑賞体験からは、視点の“ちゅうがえり”を味わえるだろう。

展覧会概要

「ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり」
会期:2020年6月23日(火)〜10月25日(日)
※アーティゾン美術館は臨時休館していたが、2020年6月23日(火)から再開。
会場:アーティゾン美術館 6F 展示室
住所:東京都中央区京橋1-7-2
時間:10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
※当面の間、夜間開館は中止
休館日:月曜日(祝日にあたる8月10日、9月21日は開館)、8月11日、9月23日
入館料:日時指定予約制 一般ウェブ予約チケット 1,100円、当日チケット(窓口販売) 1,500円、学生 無料(要ウェブ予約)
※ウェブ予約チケットは、2020年6月3日(水)〜販売開始
※ウェブ予約チケットは、公式ウェブサイトにて、各入館時間枠の終了10分前まで販売
※ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ、美術館窓口でも当日チケットを販売
※指定した時間枠内であればいつでも入館可能、また入館後は閉館まで時間制限なく鑑賞可能
※時間枠 (1)10:00〜11:30 (2)12:00〜13:30 (3)14:00〜15:30 (4)16:00〜17:30
※中学生以下はウェブ予約不要
※上記料金で同時開催の3つの展覧会(「Cosmo-Eggs | 宇宙の卵」および「新収蔵作品特別展示:パウル・クレー」)すべてを観覧可

【問い合わせ先】
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
【写真付きで読む】現代美術家・鴻池朋子の展覧会が京橋・アーティゾン美術館で、“大襖絵”インスタレーション×収蔵品を展示

外部サイト