京橋・アーティゾン美術館「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」展、映像・音楽・言葉の重なりで問う“共存”

写真拡大

東京・京橋のアーティゾン美術館は、第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」を2020年6月23日(火)から10月25日(日)まで開催する。

“共存”をめぐって

ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展は、イタリア・ヴェネチアの各所を会場に、2年に1度開催される現代美術の国際展だ。その2019年における日本館展示「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」では、キュレーターの服部浩之を中心に、美術家、作曲家、人類学者、建築家という4分野のアーティストがコラボレーション。地球において、人がいかに動植物や土地と関わりあい、共存するかをテーマに展示を行った。

「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」の帰国展となる本展では、アーティゾン美術館の展示室にあわせて、ヴェネチアでの展示を再構成。映像・音楽・言葉・空間の4つの要素が共存するインスタレーションを中心に、ビエンナーレを一歩外から捉えるドキュメントなどを加えて展示する。

“津波石”を軸にインスタレーションを展開

展覧会の起点となるのは、美術家・下道基行による“津波石”の映像だ。大津波により海底から陸上に運ばれた巨石である津波石は、災害の痕跡であるとともに、時に信仰の対象となり、また時に渡り鳥のコロニーや昆虫の棲家となってきた。そのように津波石は、文化と自然が混ざり合う「広場」のようなものなのだ。

会場では、下道の作品《津波石》を中心に、作曲家の安野太郎、人類学者の石倉敏明、そして建築家の能作文徳とコラボレートしたインスタレーションを展開する。彼らは津波石が「広場」であるというアイディアを膨らませることで、穏やかな映像とともに音楽が響きわたり、言葉が重なる空間を構築。共存をめぐる考察と、多彩な身体経験が織り込まれることとなる。

展覧会概要

第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」
会期:2020年6月23日(火)〜10月25日(日)
※アーティゾン美術館は臨時休館していたが、2020年6月23日(火)から再開。
会場:アーティゾン美術館
住所:東京都中央区京橋1-7-2
時間:10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
※当面の間、夜間開館は中止
休館日:月曜日(祝日にあたる8月10日、9月21日は開館)、8月11日、9月23日
入館料:日時指定予約制 一般ウェブ予約チケット 1,100円、当日チケット(窓口販売) 1,500円、学生 無料(要ウェブ予約)
※ウェブ予約チケットは、2020年6月3日(水)〜販売開始
※ウェブ予約チケットは、公式ウェブサイトにて各入館時間枠の終了10分前まで販売
※ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ、美術館窓口でも当日チケットを販売
※指定した時間枠内であればいつでも入館可能、また入館後は閉館まで時間制限なく鑑賞可能
※時間枠 (1)10:00〜11:30 (2)12:00〜13:30 (3)14:00〜15:30 (4)16:00〜17:30
※中学生以下はウェブ予約不要
※上記料金で同時開催の3つの展覧会(「鴻池朋子 ちゅうがえり」および「新収蔵作品特別展示:パウル・クレー」)すべてを観覧可

【問い合わせ先】
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
【写真付きで読む】京橋・アーティゾン美術館「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」展、映像・音楽・言葉の重なりで問う“共存”

外部サイト