オンライン対戦対応の全自動チェスボードを開発する新興企業のRegiumが、自社の公式サイトで公開していた社員の顔写真に「実在しない人間の顔を作り出すAI」で生成した画像を使っていたのではないかという疑惑に揺れています。また、「製品そのものも実在しないのではないか」という指摘もあり、クラウドファンディングサイトのKickstarterではプロジェクトが停止される事態に発展しました。

Update On REGIUM Chess - Chess.com

https://www.chess.com/member/news

Chess World Accuses Company of Inventing Fake Employees Using Online Human Generator - VICE

https://www.vice.com/en_us/article/7kzdxb/chess-world-accuses-company-of-inventing-fake-employees-using-online-human-generator

Regiumは、ボードに内蔵した電磁石を動かして、盤上のチェスの駒を全自動で操作できるチェスボードを開発したと主張し、Kickstarterで商品化を目指して出資を募っていました。Regiumによれば、このボードはインターネット対戦が可能なチェスアプリと同期させることが可能で、本来PCの画面上で行うチェスの操作を物理的に行うことができるという画期的なアイテムだとのこと。Regiumが2019年12月に公開したデモムービーが以下。

REGIUM · Automatic Chess e-Board - The Chess Revolution - YouTube

しかし、Kickstarterのページが公開されてからまもなく、さまざまな問題点や矛盾が指摘されました。その中でも最も問題視されたのが「開発チームとして紹介されたメンバーの顔写真がニセモノではないか」というものです。

Regiumの公式サイトにある「About」ページには、Regiumの主要メンバー6人の顔写真と名前、肩書が記されていました。しかし、オンラインチェス対戦サイトのChess.comやChess24.com、Lichess.orgは、Regiumの社員6人中4人が実在せず、この世に存在しない人間の画像をAIが生成するウェブサイト「This person does not exist」で作成された顔写真を並べているのではないかと指摘しました。

This person does not existがどんなサイトかについては、以下の記事で解説されています。

この世界に存在しない人物の画像をワンタッチで簡単に生成できる「This person does not exist」 - GIGAZINE

This person does not existの作成者であるフィル・ワン氏はChess.comの取材に対して「私の経験からすると、Regiumの社員のものとされる顔写真はNVIDIAの敵対的生成ネットワークで生成されたものだと思います。これは、主に眼鏡周辺のゆがみと背景から判別可能です」と答えています。

Regiumはその後、Aboutのページを公式サイトから削除。これを受けて、Regiumの全自動チェスボードと連携する予定だったChess.comとChess24.comはRegiumとのスポンサーシップ関係を解消したと発表しました。

またLichess.orgのスタッフは「上記のデモムービーにおける全自動チェスボードの動作はストップモーション・アニメーションと合成によって作成されたものである可能性が高い」と指摘。Chess.comは、デモムービー中に登場するチェスボードがスペインの老舗チェスボードメーカーの製品であり、このメーカーはRegiumと特にパートナーシップを結んでいないことを明らかにしました。これに対してRegiumは「単にデモムービーの画質が悪かったから合成映像のように見えるだけ」と説明し、反証ムービーを公開しています。

Kickstarterは一連の騒動を受けて、Regiumのプロジェクトを停止処分としました。

REGIUM · Automatic Chess e-Board (Suspended) by HighTech Dynamics, Inc. - Kickstarter

https://www.kickstarter.com/projects/soontech/regium-automatic-chess-e-board-0

IT系ニュースサイトのMotherboardによれば、RegiumはChess.comが主張する疑惑を否定したものの、開発チームや製品が実在する証拠は最後まで提示されなかったとのこと。RegiumはMotherboardへのメールで「チームについての問題に言及する価値はありません。最高技術責任者がエンジニアではない、チームにメンバーがいないなど、一部の人々がさまざまなことを言うようになりました。取締役会やチームメンバーに関する陰謀論が唱えられています」と述べ、社員のページを削除したのは社員やその家族を陰謀論や脅迫から守るためだと主張しました。