なでしこジャパン、米遠征2連敗…終盤の痛恨ミスでイングランドに敗戦

写真拡大

 2020 SheBelieves Cup第2戦が8日に行われ、日本女子代表(なでしこジャパン)とイングランド女子代表が対戦した。

 初戦のスペイン戦で1−3の敗戦を喫した日本は、同試合からスタメンを6人入れ替えて試合に臨んだ。前半、なでしことイングランドはお互いに複数のチャンスを作ったが、得点は生まれず。試合はスコアレスで折り返した。後半はイングランドのペースで進むが、相手の決定力不足にも助けられて試合は0−0のまま終盤に突入する。

 しかし、日本は83分にミスから失点を許す。GK池田咲紀子を起点にショートパスでのビルドアップを試みたが、徐々にイングランドのプレスにはめられ、三宅史織から前方へ送ろうとしたところでトニ・ダガンに奪われる。ダガンは中央へと折り返し、これをエレン・ホワイトが押し込んだ。

 試合はこのまま終了し、日本は2連敗となった。グループステージ最終戦・アメリカ戦は、日本時間12日の9時から行われる。

【スコア】
日本女子代表 0−1 イングランド女子代表

【得点者】
0−1 83分 エレン・ホワイト(イングランド)

【スターティングメンバー】
日本(4−4−2)
池田咲紀子;清水梨紗(45分 遠藤純)、土光真代、三宅史織、宮川麻都;籾木結花、杉田妃和、三浦成美、中島依美;岩渕真奈(66分 植木理子)、田中美南(76分 上野真実)