○RustにはVisual C++ビルドツールが必要

Windows 10でRustを利用するには、依存関係としてMicrosoft Visual C++のビルドツールが必要になる。必要になる要件は次のとおりだ。

Microsoft C++ build tools for Visual Studio 2013またはこれ以降のバージョン

このビルドツールは次のソフトウェアなどに含まれている。

Visual Studio Build Tools 2019

Visual Studio 2019

Visual Studio 2017

Visual Studio 2013

Visual Studioを使っているなら、すでに条件を満たしている。そうでない場合、上記のいずれかをインストールする必要がある。以下、どれを選べばよいかの簡単な指針をまとめておく。

特にこだわりがなければ「Visual Studio Build Tools 2019」をインストールしておけばよい。その場合、開発はWindows TerminalやVisual Studio Codeを使って行うことになる。以降にそれぞれのインストール方法をまとめておく。

○Visual Studio Build Tools 2019をインストールする場合

「Visual Studio 2019 for Windows および Mac のダウンロード」からインストーラをダウンロードする。ページの下部に「Visual Studio 2019のツール」というメニューがあるので、これをクリックする。

「Visual Studio 2019のツール」をクリック

展開されたメニューから「Build Tool for Visual Studio 2019」の「ダウンロード」ボタンをクリックする。これでインストーラのダウンロードが実施される。

「Build Tool for Visual Studio 2019」の「ダウンロード」ボタンをクリック

ダウンロードしたインストーラを実行すると、次のようなインストーラが起動してくる。このインストーラは「Microsoft Visual Studio Installer」と呼ばれている。

Microsoft Visual Studio Installer

ワークロードから「C++ Build Tools」を見つけ出しチェックボタンにチェックを入れてからインストールを実行する。

「C++ Build Tools」にチェックを入れてからインストールを実行

Visual Studio Build Tools 2019インストール中

Visual Studio Build Tools 2019インストール完了

このインストール作業で、複数のアプリケーションがインストールされることになる。インストールされるアプリケーションは次のとおり。

Visual Studio Build Tools 2019

Microsoft Visual Studio Installer

Microsoft Visual C++ 2015-2019 Redistributable (x86)

Windows SDK AddOn

Windows Software Development Kit

Rustを使う間は上記アプリケーションも保持しておく必要がある。

○Visual Studio 2019をインストールする場合

Visual Studio 2019には、主に次の3つのエディションが存在している。

Visual Studio 2019 Enterprise

Visual Studio 2019 Professional

Visual Studio 2019 Community

業務でVisual Studioを使っているのであれば、EnterpriseかProfessionalを使っているんじゃないかと思う。その場合、「C++によるデスクトップ開発」のワークロードがない場合は追加でワークロードのインストールを行う。Visual Studioを新たにインストールする場合は「Visual Studio 2019 Community」が対象になると思う。このエディションは無償で利用できる。

「Visual Studio 2019 for Windows および Mac のダウンロード」からVisual Studio 2019 Communityインストーラのダウンロードを実施する。

Visual Studio 2019 Communityをダウンロード

ダウンロードしたインストーラを実行すると、次のようなインストーラが起動してくる。このインストーラは「Microsoft Visual Studio Installer」と呼ばれている。

Microsoft Visual Studio Installer

ワークロードから「C++によるデスクトップ開発」を見つけ出しチェックボタンにチェックを入れてからインストールを実行する。

「C++によるデスクトップ開発」にチェックを入れてからインストールを実行

Visual Studio 2019 Communityインストール中

Visual Studio 2019 Communityインストール完了

このインストール作業で複数のアプリケーションがインストールされることになる。インストールされるアプリケーションは次のとおり。

Visual Studio Build Tools 2019

Microsoft Visual Studio Installer

Microsoft Visual C++ 2015-2019 Redistributable (x86)

Windows SDK AddOn

Windows Software Development Kit

SQL Server 2019 CTP2.2用 Microsoft System CLR Types

Rustを使う間は、上記のアプリケーションも保持しておく必要がある。

○Rustをインストール

Visual C++ビルドツールをインストールしたら、「Install Rust - Rust Programming Language」からRustインストーラをダウンロードする。このページはアクセスするプラットフォームに合わせて表示を変えるため、Windows 10からアクセスしてインストーラをダウンロードする必要がある。

Rustインストーラをダウンロード

インストーラを実行すると、次のようなプログラムが起動してくる。

Rustインストーラ

1↩️と入力してデフォルト構成でインストールを実行する。

1を選択したデフォルト構成でインストール

Rustインストール完了

PowerShellまたはコマンドプロンプトを起動し、次のようにrustupコマンドが実行できるようになっていることを確認する。

rustupコマンドが使用できるかどうかを確認する

Rustツールはホームフォルダ以下の.cargo\binフォルダにインストールされる。.cargo\binは自動的に環境変数PATHに追加される仕組みになっている。もし、システムを再起動してもrustupが実行できない場合、環境変数PATHに.cargo\binが追加されていることを確認し、追加されていなければ手動で追加する。

○Rustをアンインストール

インストールしたRustは次のように「rustup self uninstall」というコマンドでアンインストールできる。

Rustをアンインストール

RustはWindowsで管理の対象となるアプリケーションとしてはインストールされていないので、このようにrustupコマンドを使ってアンインストールを実施する必要がある。不要であれば依存関係でインストールしたVisual Studio Build Tools 2019やVisual Studio 2019関連のアプリケーションを設定アプリケーション経由でアンインストールしておく。

○Rustをアップデート

Rustツールはrustupコマンドを使ってアップデートすることができる。「rustup update」と実行することで、そのときの最新版へアップデートが実行される。

Rustをアップデート

特定のバージョンに固定する強い必要性がなければ、定期的にRustのアップデートを実施して最新版を維持し続けたほうがよいだろう。

○Windows 10のインストールはちょっと面倒

Rustがサポートしているプラットフォームは、Windows、macOS、Linux、Android、iOS、FreeBSD、OpenBSD、NetBSD、Solaris、illumos、Haikuなど多岐にわたる。中でも、Windowsでのインストールは一番面倒くさい。依存関係を自動的にインストールする手段がないためだが、今のところこればっかりは仕方がない状況だ。

Visual Studioは人気の高い統合開発環境であり、ユーザーは多い。最近はVisual Studio Codeのほうが人気があるが、それでもVisual Studioの立場は揺らがない。こうした事情から、Visual Studioを使っているユーザーにとってRustのインストールは簡単だ。Rustインストーラをダウンロードしてきてインストールするだけでよい。Rustに興味があるなら、ぜひインストールを試してみてもらえればと思う。