2020年クラシック候補たち
第6回:デアリングタクト

 春のクラシックに向けて、その前哨戦やトライアル戦で白熱したレースが繰り広げられているなか、3歳牝馬戦線において、期待の”新星”が現れた。

 栗東トレセンの杉山晴紀厩舎に所属するデアリングタクト(牝3歳/父エピファネイア)である。


エルフィンSを圧勝し、桜花賞へ向かうデアリングタクト

 同馬は、昨秋の2歳新馬(11月16日/京都・芝1600m)でデビュー。道中は、中団より少し前につけて追走し、直線の半ばで外に出すと、そこから一気に突き抜けていった。

 鞍上の松山弘平騎手のゴーサインに瞬時に応えて、楽々と先頭でゴールイン。2着との差は1馬身2分の1だったが、着差以上の強さを見せつけた。

 2戦目は、3カ月弱の休養を挟んで、オープン特別のエルフィンS(2月8日/京都・芝1600m)に挑んだ。新馬戦のレースぶりから、3番人気の評価を受けていたが、ここでは、そうした人気をはるかに超える、圧巻の走りを披露した。

 ゆっくりとしたスタートから、後方に待機。馬場の外側をリズムよく追走し、直線を迎えてから、大外に持ち出した。そして、ジワジワと前方馬群をとらえていって、直線半ばで一緒に伸びてきたライティアをムチ一発でかわすと、そこからは独走。松山騎手はほぼ追っていなかったが、後続をグングン突き放して快勝した。

 荒れた馬場の京都で、1分33秒6といった好時計をマーク。2着に4馬身差をつける圧勝劇を演じて一躍、GI桜花賞(4月12日/阪神・芝1600m)の有力候補に浮上した。

 デアリングタクトを管理する杉山調教師も、2戦目の走りを見て、同馬への評価が一段と高くなったという。関西競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「杉山調教師も初戦までは、『性格がよくて、扱いやすく、手がかからない』といった程度の印象で、新馬戦を好内容で勝ちながら、デアリングタクトに対して、そこまでの強さを感じていなかったようです。それが、2戦目で評価が一変。返し馬の時点で『いい走りをするな』と感じ取ったそうで、レース後は『すばらしい瞬発力を持っている』と、すぐにクラシックを見据えていました。

 しかも勝ちタイムは、同じ舞台で行なわれた同世代のGIIIシンザン記念(1分35秒9)はおろか、古馬オープンのGIII京都金杯(1分34秒0)を上回っており、勝ちっぷりだけでなく、時計も一級品です」

 このあと、桜花賞への直行を表明したデアリングタクト。クラシック一本に絞ったローテーションからも、陣営の本気度がうかがえる。

 なお、先述のトラックマンによれば、今後の課題について、陣営はこんな話をしているという。

「父エピファネイアは、スタート前のゲート裏でイレ込むことがありました。デアリングタクトも、『2戦目にはそんな素振りがあった』と杉山調教師。この点には『注意したい』と話していました。

 ちなみに、桜花賞以降の距離延長について、杉山調教師は『(マイル戦と)同じ末脚を使えるかどうかは、やってみないとわからないが、現時点で折り合い面での不安はなく、距離延長への心配はしていない』と言って、先々への期待も膨らませていました」 デアリングタクトは、桜の舞台でも次元の違う切れ味を見せることができるのか。既成勢力との対戦が楽しみだ。