「愛車サブスクリプションサービス」をうたうトヨタの「KINTO ONE」。「ヤリス」も選択肢に加わる予定だという(写真:トヨタ自動車

「サブスクリプション」は、商品を“買い取り”で販売するのではなく、使った期間に応じて課金する販売方法である。コンピューター用ソフトウェアにはじまり、音楽配信サービスなどで導入され、ここ数年で一躍、脚光を浴びることになった。最近は、「サブスク」とも呼ばれるようになり、さまざまな商品やサービスに、この方式が導入されている。

その波は自動車業界にも及んでおり、トヨタの「KINTO ONE」やホンダの「HONDA マンスリーオーナー」など、サブスク方式のビジネスがスタートしている。


東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

はたして“クルマのサブスク“は、ユーザーにとってどんなメリット・デメリットがあるのだろうか。

新車を購入する費用と比較しながら、「KINTO ONE」と「HONDA マンスリーオーナー」の2つのサービスを考えてみたい。

月々の支払いは3年ローンとほぼ同じ

トヨタが2019年にスタートさせたサブスクが、「KINTO ONE」だ。トヨタやレクサスのクルマを3年間、定額で乗ることができる。

ラインナップは少しずつ増えており、現在ではトヨタ車とレクサス車を合わせて27車種。「プリウス」や「アクア」「クラウン」「カムリ」といった人気モデルだけでなく、「ライズ」や「ヤリス」といった新型モデルも含まれている。

「KINTO ONE」の最大の特徴は、任意保険まで定額サービスに含まれていること。これは保険料金が高額となる、若年層には、相当に大きなメリットと言えるだろう。


今回、比較の対象とした「ライズ Z 2WD」(写真:トヨタ自動車)

では、肝心のお得度はいかがなものか。「KINTO ONE」と通常の購入を比較してみよう。

まず、「KINTO ONE」だ。料金をシミュレーションしてみると、ライズの上級グレード「Z 2WD」にカーナビやドライブレコーダー、先進運転支援システムなどがセットされる「セーフティプラスパッケージ」を追加して、月額5万3680円となった。(2020年2月調査)

同車の新車価格が206万円、同様のオプションを加えると乗り出し総額で250万円ほどとなるから、50万円ほど頭金を入れて、3年(36回)で購入するときの月々のローン支払い額に近い。

「KINTO ONE」は、諸経費や税金、保険までが含まれる。つまり、使用時に支払うのはガソリン代と高速料金、自宅に駐車場がない場合の駐車場料金だけだ。

しかし、必要なのはそれだけとなる。必要な費用が安定しているというのもメリットだ。そして、36カ月分の支払いは、総額で193万2480円となる。

では、普通に同じクルマを購入して、3年間所有するときにかかる費用を計算してみよう。

自動車税を年間2万5000円。メンテナンスを3年パックで7万円とすると、総額はおよそ270万円となる。ただし、これには任意保険は含まれていない。若年層だと車両保険なしで年間10万円、40代以上で年間5万円ぐらいであろうか。つまり、若年層であれば3年間で30万円、40代以上で15万円がプラスされる。

ざっくりいえば、290万〜300万円ちょっとというのが所有したときにかかる費用だ。

乗り換えるのか?長く乗るのか?

サブスクだと3年間で約200万円弱、所有で300万円。その差は、だいたい100万円となる。これだけを比べれば、確かにサブスクは割安に感じる。しかし、サブスクであれば3年後は車両を返却しなければならず、手元には何も残らない。

一方、普通の所有であれば、3年たった後も現物のクルマが残る。つまり、手元に残ったクルマの価値が高ければ所有のほうが得。そうでなければサブスクが得となる。

検討のお題となったライズ Z 2WDの価格は206万円。差額が約100万円ということは、3年で半額の価値が残るかどうかだ。


「KINTO ONE」で「クラウン」を利用する場合、月額9万5700円〜となる(写真:トヨタ自動車)

ちなみに、車両価格590万円ほどのクラウンで計算したところ、差額は250万円ほどとなった。正直なところライズやクラウンのような人気車であれば、3年後も中古価格が高く維持されており、所有のほうが得になる可能性が高いだろう。

逆に、3年後の中古車相場が崩れそうなクルマであれば「KINTO ONE」のほうが得になる可能性は高い。しかも、任意保険の高い若年層ほど、「KINTO ONE」は有利だ。

また、「KINTO ONE」は価格だけでなく、ほかのメリットもある。それが、クルマにまつわる手続きが“ワンストップでOK”という利便性だ。初めてクルマを購入しようという若年層やクルマに詳しくない人には、大きな魅力となるはず。面倒くさいのが嫌いという人にも「KINTO ONE」はおすすめとなる。

ただし、「KINTO ONE」は3年ごとにクルマを乗り換えるのが大前提。3年ごとに新車に乗り換えることを考えていないというのであれば、当然、1台のクルマを長く所有するほうが得となる。

ホンダが2020年1月28日にスタートさせたばかりのサブスクが「Honda マンスリーオーナー」だ。

このサービスの特徴は、名称にもあるとおり、最短1カ月からの利用を可能にしていること。しかも、最長でも11カ月だ。これほど短期間だと、所有とは比較できない。

逆に“1カ月以上で11カ月まで”となれば、カーシェアやレンタルでもありえない。つまり、「Honda マンスリーオーナー」はほかに比較しようのないユニークなサービスだといえる。

さらにユニークなのは、新車ではなく中古車を使うところだ。


「Honda マンスリーオーナー」で最も安いのは2014年「N-BOX」だ(写真:ホンダ)

「Honda マンスリーオーナー」のサイトを見ると、実際に利用できる車両そのものが1台ずつ掲載されている。中古車だから、クルマの年式や走行距離だけでなく、装備類も決まったものとなる。

現物が中古車としてあるだけ、どんなクルマが使えるのかがリアルにわかる。ある意味、非常にわかりやすいサービスと言えるだろう。数カ月単位の出張など、短期間だけクルマが必要な人には、待ちに待ったサービスではなかろうか。

月額利用料金は、軽自動車の「N-BOX」で2万9800円〜、普通車は「フィット ハイブリッド」の3万9800円〜。福祉車両も用意される。

ただし、まだ始まったばかりで、サービスを行う店舗は埼玉県に1つあるだけ。車両の数もあまり多くなく、車種もコンパクトカーが中心で、選択肢は狭い。また、禁煙車しかないことも、喫煙者には気になるところだろう。

さらに月当たり1000勸幣紊鯀行すると、別途6円/kmが課金されるため、走行距離の多い人には向かないサービスとなる。こうした弱点もあるが、新しいサービスとして、今後の内容拡充に期待したいところだ。

クルマの使い方も多様化の時代へ

トヨタの「KINTO ONE」は、ワンストップですべてのクルマの雑務がこなせるのが大きな魅力。一方の「Honda マンスリーオーナー」は、短期間での使用に向いたサービスとなる。

クルマのサブスクの登場は、損得だけでなく、幅広いニーズに応えるサービスの拡大という側面もある。“ダイバーシティー=多様性”は社会だけでなく、クルマの購入・使い方にも広がっているというわけだ。