磐田がマスク5000枚を磐田市に寄付…09年新型インフル流行時の備蓄用

写真拡大

 ジュビロ磐田は6日、新型コロナウイルス感染予防に役立てるという目的で、磐田市にマスク5000枚を寄付することを発表した。

 クラブ公式サイトによると、磐田は2009年の新型インフルエンザ流行時にマスク5000枚を備蓄していたという。マスクは10日に磐田市役所に届け、マスクを必要としている磐田市内の関係各所に配布される。