【先週の結果】
先週の的中は以下の通り。
・中山11Rが〇→◎で決まり、馬単700円。

【今週の予想】
☆阪神5R 3歳未勝利(芝1600m)
 トーホウラデンのデビュー戦となった前走は、スタートで出遅れた上に、直線では何度も内によれたため、鞍上がまともに追うことができなかったが、それで勝ち馬とは0秒2差の4着。それも上がりは最速と、まともに追えていればと思わせる内容だった。今回は右回りとなり、ラチ沿いを上手く通って来ることができれば突き抜けてもおかしくない。
◎トーホウラデン
〇マルカエイペックス
▲ダブルアンコール
△₁アドマイヤパンドラ
△₂ムーンライト
△₃タツオウカケンラン
買い目
【馬単】5点
◎→〇▲△₁△₂△₃
【3連複1頭軸流し】10点
◎-〇▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】16点
◎→〇▲△₁△₂→〇▲△₁△₂△₃

☆中山11R 弥生賞ディープインパクト記念(G)(芝2000m)
 ワーケアの前走は、スタート後に挟まれてポジションを悪くする不利があったこともあり、直線ではしっかりと脚を伸ばしたものの3着まで。上位は中団より前で競馬をしていた馬たちが占めており、後方から追い込んで3着に入ったのは評価できる。デビューから2戦は好位から長く良い脚を使って突き抜けており、力があるのは間違いない。今回は前走よりも少頭数となり、競馬がしやすくなるのは確か。追い切りの動きを見ても上々の動きを見せており、ここは勝ち負けだろう。相手本線はサトノフラッグ。デビュー戦こそスタートで出遅れた上に、左右へふらついてポジションを悪くしてしまい、更には直線仕掛けられてからも、もたもたしてなかなか伸びず、残り100mあたりになってからようやくエンジンがかかっての6着。それが2戦目で一変。スタートこそ右によれて外の馬と接触したが、直線の反応は明らかに良くなっており、最速タイの上がりを使って優勝。前走はスタートでよれる面も改善されてきており、直線では弾けて2着に0秒5差を付ける圧勝劇と、一戦ごとにレースぶりが良くなっており、今回のメンバーでも上位争いできるだろう。▲はオーソリティ。以下、ブラックホール、オーロアドーネ、メイショウボサツまで。
◎(8)ワーケア
〇(1)サトノフラッグ
▲(10)オーソリティ
△(5)ブラックホール
△(4)オーロアドーネ
△(7)メイショウボサツ
買い目
【馬単】4点
(8)→(1)(5)(10)
(1)→(8)
【3連複2頭軸流し】4点
(1)(8)-(4)(5)(7)(10)
【3連単フォーメーション】16点
(8)→(1)(5)(10)→(1)(4)(5)(7)(10)
(1)→(8)→(4)(5)(7)(10)

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。