幅が狭い新幹線のトビラ 強度や気密性を保つための構造だった

ざっくり言うと

  • 新幹線のトビラの幅が狭い理由について、JR西日本の元駅員が説明している
  • 車体強度や車内の気圧を保つため、開口部分を狭くする必要があるという
  • 車内の気圧を一定に維持することは、快適性を高めることにも繋がるそうだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x