Googleは3月5日(米国時間)、「Official Google Webmaster Central Blog: Announcing mobile first indexing for the whole web」において、2020年9月から、すべてのWebサイトに対しモバイルファーリストのインデックス作成に切り替えると伝えた。

Googleはここ数年、モバイルファーストのインデックス作成に取り組んでおり、新しいサイトはモバイルファーストのインデックス作成が行われている。しかし、2020年9月からはすべてのWebサイトでモバイルファーストのインデックス作成が行われることになる。まだ対応していない場合は、完全な切り替えが行われる前に対応することが望まれる。

Webサイトをモバイルファーストのインデックス作成に対応させる指針は次のページに情報がまとまっている。

モバイル ファースト インデックス登録に関するおすすめの方法|Google 検索デベロッパー ガイド

モバイル ファースト インデックス登録に関するおすすめの方法|Google 検索デベロッパー ガイド

上記のガイダンスでは、モバイル向けもデスクトップ向けも同じコンテンツ(テキスト、画像、ビデオ、リンクなど)を提供することや、同じ構造化データを使用すること、同じメタデータ(タイトルと説明、メタタグなど)を使用することなどを推奨している。これらが異なると別のページとして認識され、モバイルファーストのインデックス作成において意図しない結果になる可能性がある。

Net Applicationsの調査結果によると、2020年2月におけるデバイス別シェアではモバイルからのアクセスが56.15%、デスクトップ/ノートPCからのアクセスが39.10%と、モバイルからのアクセスのほうが多い状況になっている。こうした状況はすでに数年間にわたって継続しているほか、モバイルの増加傾向とデスクトップ/ノートPCの減少傾向が続いている。今後、Webはさらにモバイルセントリックな仕組みへの対応が進むと見られる。