各クラブが中断期間中の過ごし方を工夫する中、親子向けの動画配信を行なうヴィッセル神戸。写真:徳原隆元

写真拡大

 新型コロナウイルスの影響で、全国の小学校、中学校、高等学校が臨時休校となった。そのため、様々な子供向けの動画や学習コンテンツの配信が盛んになってきている。

 3月6日、ヴィッセル神戸はクラブの公式ホームページで親子向けのオリジナル動画配信を発表した。

 ホームページによると、神戸は「新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、J リーグの日程延期や日本全国の学校が休校になったことに伴い、親子向けに楽しんでいただける娯楽を提供できないかと模索する中で、下記の内容にて実施が決定しました。 当企画で、みなさんの多くの笑顔が生まれることを願っています」とコメント。

 現在中断中のJリーグ各クラブも様々な取り組みを見せる中、神戸は、事前に子供やサポーターから質問を募り、各回のゲストが回答。さらに選手から宿題が発表されるという『いぶきで逢えたら』という動画コンテンツを配信するという。
 
 質問の回答者には山口蛍や酒井高徳など日本代表歴のある選手も参加し、宿題担当にはイニエスタも参加予定。豪華な顔ぶれが揃っている。

 学校が休校で、体力を持て余している子供たちには良い刺激となりそうだ。

 動画の配信予定スケジュールは以下の通り

【第1回:3月10日(火)14:00〜】
●出演:山口蛍、酒井高徳
●宿題担当:酒井高徳
【第2回:3月12日(木)14:00〜】
●出演:田中順也、大粼玲央
●宿題担当:イニエスタ 
【第3回:3月13日(金)14:00〜】
●出演:小川慶治朗、渡部博文
●宿題担当:小川慶治朗 
【第4回:3月14日(土)10:00〜】
●出演:藤本憲明、ほか
●宿題担当:藤本憲明 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部