貴重な実戦の場を失った森保一監督

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は6日、今月末に開催が予定されていたU-23日本代表の国際親善試合2試合の中止を発表した。

 中止が決まったのは27日に京都・サンガスタジアム by KYOCERAで開催予定だったU-23南アフリカ代表戦と30日に福岡・博多の森球技場で開催予定だったU-23コートジボワール代表戦。拡大する新型コロナウイルス感染への懸念から、南アフリカ側が日本への渡航に難色を示していることが報じられていた。

 JFAは「現在の様々な状況を考慮し、南アフリカ、コートジボワールの両サッカー協会と協議を重ねた上での決定」と発表。前売りチケットは後日払い戻しが行われる。公式サイトを通じて、東京五輪世代のU-23日本代表を率いる森保一監督は以下のコメントを発表している。

 「京都、福岡での試合を楽しみに待ってくださっていた方々、ここまで試合準備に携わっていた方々に感謝申し上げます。2会場での試合が中止となり、心苦しい思いです。みなさんと、再びスタジアムで、スポーツの醍醐味を分かち合える日を心待ちにしています。東京五輪で目標を達成し、みなさんに喜んでいただくために。あらゆる状況を想定しながら、その時々で、選手、チームにとってのベストを模索しながら進んでいきたいと考えています」