もはや当たり前!?働く女性たちのトレーニング事情

写真拡大

 最近では健康意識の高まりもあって、ジム通いや自宅での自重トレなど、トレーニング習慣が当たり前になってきましたよね。そんな中、毎日忙しく働く女性たちは、どのようなトレーニングをしているのでしょうか?

 女性向けのプロテインドリンクなどを販売する明治が2019年11月、働く女性500名を対象に実施した「トレーニングに関する調査」によれば、定期的にトレーニングをしている女性は36.6%だったようです。その頻度は、「週1日(24.6%)」と「毎日(17.5%)」が多い結果に。

 では、働く女性たちは、どんな目的でトレーニングを実施しているのでしょうか? 1位は「健康のため(73.8%)」、2位は「美容のため(59.6%)」となっており、大多数を占めていました。

 そして、気になるトレーニングの内容ですが、次のような結果となりました。1位はウォーキングで55.7%、2位は筋トレで45.4%、3位はヨガで30.6%、4位はジョギングで26.8%、そして5位がエクササイズの18.0%でした。

 ウォーキングや筋トレはとくに道具なしでもできるので、一番手軽で始めやすいのかもしれませんね。また、ヨガは全盛期より落ち着いてきたものの、まだまだ根強い人気のようです。ちなみに、鍛えたい部位は、「お腹」が78.2%、「太もも」46.6%、「お尻」45.2%だったようです。

 元スピードスケート選手の勅使川原郁恵さんの著書「てっしー流 ウォーキング健康法」(booklista刊)によれば、ウォーキングには、体力増強・骨の老化防止・心肺機能を高める・風邪予防・生活習慣病予防・ダイエット効果・美肌効果・自律神経を刺激・脳を刺激・リラックス効果など、さまざまな効果が期待できるそうですよ。

 定期的なトレーニングはさまざまな効果があり、他の人を健康・美容面でリードするチャンスといえるかもしれませんね。トレーニング習慣がない人は、まずは手軽にできるウォーキングから始めてみるのもよさそうです。