日本郵船グループの郵船ロジスティクスとAIプロダクトのコンサルティングや開発を行うシナモンは3月3日、業務提携を行い、共同で航空輸出におけるケースマーク照合システムを開発することを発表した。

郵船ロジスティクスとシナモンのロゴ(同社資料より)

開発する航空輸出におけるケースマーク照合システムは、従来目視で行われてきた貨物の識別用に貼り付けるケースマーク(Case Mark)の確認作業をシナモンのAI-OCR 「Flax Scanner」の技術を活用し、ケースマークの読取・照合を自動で行うもので、これにより業務効率の向上及び確認ミスの未然防止、業務負担の軽減が期待される。

両社は、すでに輸出貨物出庫時の倉庫でのAIを活用した照合業務に関する実証実験を共同で行い、良好な検証結果を得ており今回の提携へとつながっている。郵船ロジスティクスの成田ロジスティクスセンターでの導入を目指し開発が進められ、その後他の国内物流施設や海外施設への導入も進めていくという。

シナモン AI-OCR 「Flax Scanner」(公式Webサイト)

シナモンの「Flax Scanner」は、AIを活用することで請求書や請求書、帳票などの紙書類をスキャンし自動で電子データ化できるAI-OCRソリューション。フリーフォーマットに対応しており、定型を持たない書類でも特徴を学習させることで自動で読み取ることができる。印字、手書きなど様々な文書に対応している。