政府が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を防ぐために、全国すべての小中学校や高校などに春休みまで臨時休校とするように要請。その影響で給食の牛乳の需要などが減り、業者が打撃を受けているといった報道もなされています。

東京都新宿区にある土佐屋豆腐店も、学校への納品がキャンセルになり、特製おから入り豆乳ドーナツを3月中に10000個販売するという目標を立て、Twitterでも告知。2万以上のRTを集めて注目されています。

新型コロナウィルスの影響で予定だった学校給食の売り上げが吹っ飛んだので、どれだけ特製おから入り豆乳ドーナツで補填できるか頑張ってみます。目標は10000個。とりあえず今日は70くらいで。1個120円、朝一で作るんで前日予約とかしていただくと助かります。

都営大江戸線落合南長崎駅から徒歩10分ほどのところにある土佐屋豆腐店。近隣は閑静な住宅街で、小さな商店街の一角にあります。

三代目で元芸人という経歴を持つ川田学さんによると、新宿区が3月いっぱいの休校を決めたために、20近くの小中学校に納品していた売上がなくなり、配達していた時間が空いたため、土曜日限定で発売していたおからドーナツを平日も売ることを思いついたといいます。取材に訪れた時もせっせと作っている真っ最中でした。

「余った豆乳を使い、おからと市販のホットケーキミックスを混ぜて揚げています」というおからドーナツ(120円)。しっとりとしていながら軽い食感で甘さ控えめなので、ちょっとしたおやつにはぴったり。口さみしいけれどお腹を重くするのはちょっと……という時にもおすすめです。

Twitterでの反応については「想像以上でした。最初は近所の居酒屋に頼んで拡散していったのですが、反響が大きくなってテレビの取材も入りました」とのこと。取材中も買い物客が「Twitter見ました」と声をかけていました。そのため、豆乳などの材料を「ちょっと背伸びして取っています」と量産体制を整えていますが、一個一個手作業のため1日に300個が限界といいます。

川田さんによると、東京都全体で2010年頃には約1000軒あった豆腐店は現在500軒以下にまで減っているといいます。「後継者がいないというお店もありますし、2000年以降に量販店で安い豆腐が出回るようになった影響が大きいです」と語り、なんとか工夫をして豆腐業界を盛り上げたいという思いをにじませていました。

一日に出来る個数に限りがあるので、「数を多く注文する時は電話して欲しい」とのこと。堀江由衣さんが好きな声オタで、ミニ四駆やプロレスなど趣味の多い川田さんの人柄に触れることもできるので、散歩がてらにおから豆乳ドーナツに舌鼓を打つため寄ってみてはいかがでしょうか。

土佐屋豆腐店

住所:東京都新宿区西落合2-6-4
電話番号:03-3953-8225
営業時間:11:00〜19:00(昼休憩あり)
定休日:日曜日、年始

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』