ソフトバンクは3月4日、モバイルネットワークとGPS、Wi-Fiの通信機能を持ち、子供の見守りや大切な物の位置情報の確認に利用できるGPSトラッカー「どこかなGPS」を3月12日に発売することを発表しました。本体と2年間の通信料金をセットにして、一部のソフトバンクショップ、家電量販店、SoftBank SELECTION オンラインショップ、+Style、Yahoo!ショッピング、Amazonなどで販売します。価格は1万2000円(税別)。

約4.7センチ四方で重量が約34gと小型軽量な本体。ソフトバンクの4G LTEエリアでモバイルネットワークに接続し、GPS/GLONASS/みちびき/Wi-Fi/携帯電話基地局から一定間隔で端末の場所を自動測位します。本体はIPX7の防水とIP6Xの防じんに対応。

専用モバイルアプリから、現在の位置情報を更新して地図で知らせる「いまどこ検索」、最大3日分の移動履歴、端末の音を鳴らして探す機能などが利用可能。あらかじめ登録したエリアへの到着と出発、自宅などのWi-Fiエリアに入ったときや出たときの通知をメールで受け取ることもできます。

本体のボタンを押してスマホに現在地情報を送る機能や、親子で外出した際などに本体とスマホが一定距離離れるとスマホに通知する迷子防止機能も利用可能。見守り対象は最大4台まで、見守るユーザーは最大4人まで登録できます。

「どこかなGPS」主な仕様
サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ:約47×47×15.5mm/約34g
通信方式:LTE Cat. M1(900MHz/2.1GHz)
測位方式:GPS、QZSS(準天頂衛星システム)、GLONASS、Wi-Fi、携帯電話基地局
防水/防じん:IPX7/IP6X
バッテリー容量:397mAh
カラー:ホワイト

画像:+Styleより引用

どこかなGPS NC001 (通信機能付き) - +Styleショッピング
https://plusstyle.jp/shopping/item?id=426

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』