セブン&アイ・ホールディングスは3月4日、都内のセブン‐イレブン2店舗において、冷蔵・冷凍・常温の温度帯に対応した「受取りボックス」のテスト設置を開始した

スキームのイメージ

今回の取り組みは、事業者と利用客までを結ぶ最後の区間であるラストワンマイルの対応として実施。利用客がイトーヨーカドー ネットスーパー(IYネットスーパー)で注文した商品を、セブン‐イレブン店舗に設置した専用の受取りボックス内にて適切な温度で保管し、利用客のライフスタイルに合わせた時間に受け取ることができる仕組みとなっている。

これにより、自宅で荷物の到着を待つ時間が不要となり、外出時や帰宅時にも受け取れることで、利用客の利便性が向上するとともに、配達の効率化も図ることが可能になるという。なお、受け取る際には注文完了メール内に記載の専用の番号を受取りボックスのディスプレイ画面に入力し、扉を開けて商品を受け取る手順となる。

今回の注文対象店舗はイトーヨーカドーのネットスーパー西日暮里店、受け取り店舗はセブン-イレブン荒川南千住3丁目店及び荒川町屋5丁目店。