Net Applicationsから2020年2月のモバイル検索エンジンのシェアが発表された。2020年2月はGoogleが増加し、Baidu、Bing、Yahoo!がシェアを減らした。モバイルデバイスで使われる検索エンジンはますますGoogleに依存する傾向が強まっている。

Yahoo!のシェアは2019年10月の段階で1%を下回った。その後も低下し、ここ数カ月で0.5%辺りを上下している。モバイルデバイスにおける検索エンジンとしてのYahoo!のシェアは今後さらに低下する可能性がある。

2020年2月モバイル検索エンジンシェア/円グラフ - Net Applications

2020年2月モバイル検索エンジンシェア/棒グラフ - Net Applications