「入国が禁止されている韓国・大邱市から北海道へ有名なバレエダンサーが旅行していたことがわかり、非難が集まっています」と司会の小倉智昭が伝えた。

批判を受けているのは韓国の国立バレエ団に所属しているナ・デハンさんだ。バレエ団は先月14日と15日(2020年2月)に大邱市で公演し、その後に新型コロナウイルスの感染が拡大したが、ナ・デハンさんは27日に北海道に向かった。恋人との旅行だった。その写真をSNSにアップしたため、いっそう波紋を呼んだ。

担当者「滞在歴を虚偽申請されると・・・」

日本政府は27日から特別な事情がない限り、2週間以内に大邱市に滞在した外国人を入国拒否している。こうしたことから、国立バレエ団は全団員を2週間自宅待機させることを決めていたという。

ネット上には、「国立バレエ団員がなぜこんな非常識なことをするのか」「常識がなさすぎる!」と批判が殺到している。

それにしても、どのようにして入国できたのか。入管関係者は「旅行が特別な事情に当たるとは考えにくく、滞在歴を虚偽申告すれば入国できてしまう」と話す。ナ・デハンさんはうその滞在歴を申告したのか。韓国メディアの取材に対して、ナ・デハンさんは「いま、どんなことを言っても正しくないようだ。申し訳ない」と述べている。