楽天モバイルは3月3日、プレスカンファレンスを開催。新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」を4月8日から提供開始することを発表し、同日16時から申し込みの受付を開始しました。

300万名を対象に1年目は無料、2年目以降は月額2980円(税別)の1種類のみという料金プラン。音声通話とデータ通信を垣根なく利用できる専用アプリ「Rakuten Link」を利用することを前提に、国内の通話はかけ放題、SMSは使い放題。データ通信は楽天の回線エリアではデータ使い放題、KDDIから提供を受ける回線エリアでは2GBまでとしています。

SIMロックフリー、最低利用期間の条件なし、契約解除料なしの条件。Felica搭載で世界最小となるクレジットカードサイズのスマートフォン「Rakuten Mini」をはじめ、Galaxy、AQUOS、Xperia、OPPO、HUAWEIなどのスマートフォンがすべてSIMロックフリーで販売されます。

Rakuten Miniについては、楽天カラーのクリムゾンレッドを4月中旬以降に発売予定。

事務手数料は3300円(税込み)。6月30日までにオンラインで申し込むと、3000ポイントを還元します。

海外では、66の国と地域で2GBまでのデータ通信とSMSが使い放題、海外から国内への通話がかけ放題。国内から海外、または海外同士の通話は月額980円(税別)。

新規契約について、3月3日の16時からオンラインで先行申し込み受付を開始し、店舗では3月4日の開店時から受付を開始します。他社からの乗り換えや楽天モバイルのMVNOサービスを利用中のユーザーは、新プランのサービス提供を開始する4月8日から申し込み受付を開始するとのこと。

楽天回線のエリアは2020年3月現在、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・愛知県・大阪府・京都府・兵庫県の一部。これ以外はKDDIが回線を提供するエリアを合わせて全国をカバーしています。

2021年3月には楽天回線エリアを全国に拡大し、衛星通信サービスを提供する米AST & Science社との提携により全国100%のカバー率を目指すとしています。

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』