フレンキー・デ・ヨング

写真拡大

『Ziggo Sport』にてレアル・マドリー対FCバルセロナのクラシコ戦コメンテーターを務めたルイ・ファン・ハールは、フレンキー・デ・ヨングについて語り、バルサ選手としての彼のプレーを分析した。

オランダ人監督は同胞MFについて、「彼が海外に行った年齢が22歳と考慮するなら、異文化の中で非常にうまくやっていると思う。それにバルサが彼に賭けた金額によって、かなりのプレッシャーがあるからね」と、バルサが彼に支払った8,600万ユーロ(約104億円)も参照して語った。

ファン・ハールは、多くの時間起用されているデ・ヨングを「かかった費用からも、私は納得している」と考える一方で、「バルベルデは彼を好んでいただろうが、今は別の監督となり、これからもプレーを続けるかどうかはわからない。バルベルデが彼を獲得したのだからね」とも述べている。

ファン・ハールの見解では、デ・ヨングのパフォーマンスは悪化しているという。
「今年はあまり上手くいかなかったし、メディアが誇張している」

加えて、「彼は自分のポジションでプレーしていない。アヤックスでは誰もが彼を求めていたが、バルサではそうでなく、彼がゲームの中心ではない。これは大きな違いだ」とオランダ時代とバルサで異なる役割を求められていることを指摘した。

「アヤックスのフレンキー・デ・ヨングではないが、その当時と比較すると、今のところ相応しくないポジションにいる」と彼は主張している。