Net Applicationsから2020年2月のデスクトップブラウザのシェアが発表された。2020年2月はChromeとEdgeがシェアを増やし、Firefox、Internet Explorer、Safariがシェアを減らした。シェアの上では2位以下を引き離して強い存在感を示しているChromeだが、過去1年間の推移は横ばい傾向を示しており、デスクトップ向けのWebブラウザとしてはほとんどシェアが変わらない状況になりつつある。

一方、順位は3位だが、Microsoft Edgeは過去1年間にわたり増加傾向にある。すでにChromiumをベースに開発された新しいバージョンのMicrosoft Edgeはリリースされており、今後Windows Update経由でより多くのユーザーに行き渡ることにもなっている。現在の傾向が続いた場合、FirefoxとMicrosoft Edgeの順位は逆転するとともに、Microsoft Edgeがさらにシェアを増やす可能性があると見られる。

2020年2月ブラウザシェア/円グラフ - Net Applications

2020年2月バージョン別ブラウザシェア/円グラフ - Net Applications

2020年2月ブラウザシェア/棒グラフ - Net Applications

2020年2月バージョン別ブラウザシェア/棒グラフ - Net Applications